足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【毒母体験記】同居している祖父母と接触禁止

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。

本記事では、同じ屋根の下で暮らす祖父母(父方)との接触を禁じられていたという話です。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

祖父母とも不仲

小学校1年生の途中まで、父方の祖父母と同居していました。

以前の記事で、ものごころついた頃から両親が不仲(>>>【機能不全家族】夫婦喧嘩の後の「お父さんとお母さんどっちについていくのっ!!」がつらかった)と書きましたが、母は祖父母とも不仲でした。

まあ、母からすれば義理の親なので、そもそも息がつまる関係ということはよくわかります。
母だけよそから嫁いできた身ですから、心細さもあったでしょう。
父とすでに不仲でしたからなおさらです。

また、母は、家事が壊滅的に苦手で、当時は「片付けられない女」のような概念も(少なくとも一般家庭には)なく、「怠けている」と見なされがちでした。

その点に関しては母も気の毒だったと思います。

ただ、母が間違っていたのは、私を争いに巻き込んだことです。

私を味方につけたかったのはわかります。
でも、母の「不機嫌で子をコントロールする」というやり方は、とても卑怯だったと思います。

祖母と話すと不機嫌になる母

二世帯住宅でもなく、ただの平屋に一緒に住んでいるのですから、もちろん祖父母とも顔を合わせる環境でした。

ですが、基本的には、私はトイレ以外はあまり自由に行くことができませんでした。
母と共に暮らす6畳間から出ることはほぼ許されませんでした。
そのうち、玄関も使わせてもらえなくなりました。
部屋の窓から出入りしていました。

それでも、同じ家に住んでいるのですから、祖母に会うことはありました。

祖母は祖母で、一応私も孫なわけですから、気を遣って「ヨーグルト食べるかい?」とか「バナナあるよ」と声をかけてくれるのですが、母はそれが気に入らないんですね。

遠くから私をにらみつけ、ぶるぶると顔を横に振ります(「断れ」の意)。

私も子どもでしたから、ヨーグルトもジュースも欲しかったのですけど、もらうと後でひどい目に遭う(具体例>>>母の機嫌を損ねると「あんたを置いて出ていくんだからね」 )ので、苦虫をかみつぶしたような顔で「いいや……」と断るしかありませんでした。

母はこの件に関して「甘いものを食べさせたら太る」とか「虫歯になる」とか、いかにも正しそうな理由をつけていましたが、単純に私が祖母に懐いたら困る、というのが本音だったと思います。

祖母の顔を見に行ってしまった日のこと

f:id:shishi-book:20210702125608p:plain

母は年がら年中、祖父母や親戚のことを悪く言っていました。

子どもとしては、母の言うことを信じているつもりではありました。
祖父母はひどい人たちなんだ、と(確かに祖父はちょっと「あれ?」と思うようなところがありましたし)。

でも、無意識の部分では、何か別に感じるところがあったのだろうと思います。

ある日、私はどうしても祖母の顔が見たくなりました。

母が台所で用事をしている隙に、自室を抜け出し、祖母の部屋に遊びに行ってしまいました。

やってきた私を見て、祖母は驚き、とても慌ててこう言いました。
「おばあゃんのところ、来て大丈夫なのかい? お母さんに怒られないのかい?」

怒られるだろうなあとは思いましたが、そのときはどうしても、祖母と話がしたかったのです。
だから「うん、大丈夫」と答えました。

それから数分は、とてもとても楽しく会話したことを覚えています。
私の記憶の中では、祖母と過ごしたほぼ唯一の記憶です。

しかし、次の瞬間、母が鬼の形相で部屋の入口に立っていました。

「終わった……」と思いました。
血圧が下がるというか、視界が暗くなって血の気が引く思いでした。

自室に戻ると、その後はひたすら母のご機嫌伺いです。
私をにらみつけてからあからさまに「ふんっ」と目を逸らす母。
泣きながら「おかあさーん……」と媚び続けるしかありません。

こうなることが予想できていたのにも関わらず、うっかり祖母の部屋に行ってしまった自分を責めました(今思うと全然責めるようなことじゃないと思うのですが)。

そして母はいつもの確認行為をやります。
「あんた、お母さんがいなくなっていいってことなんだね?
お母さんいなくなったら、だれもアンタの面倒見てくれないんだからね。
継母にいじめられるんだよ?」と。

今なら、母の不安からくる確認行動だとわかりますが、当時は幼い子ども。
本当に私は捨てられて死ぬか、継母にいじめられるかだと思っていたのです。
童話にも、継母にいじめられるという話はよくありますから、むしろリアルに感じたのです。

実母にすら、これだけやられるのだから、継母なんてもっとひどいのだろうという予想もありましたし(今思うと、実母のほうがひどい可能性高いですけど)。

今になって祖母の気持ちが少しわかる気がした

この件以降、私はますます祖母と会話する機会を失いました。

しばらくして同居は解消(というかトラブルメーカーの母との同居に耐えられなくなった祖父母に「出て行ってくれ」と言われた)。

その後祖母に会ったのは、私が高校に入学したとき、お祝いを持って訪ねてきてくれた一瞬でした(母に気を遣っていたのでしょう、本当に一瞬で帰っていきました)。
当時は、「単に私が進学校に入ったことが誇らしかったのだろう」と当時は思っていましたが、ずっと心配してくれていたのではないか、と今は思います。
むしろ、「進学校にかこつけて」というほうが実情に近かったのかも、と思います。

実質的に、それが最後の会話でした。

私は(母の手下のようなものだから)祖父母にも疎まれていたのだろう、と思っていましたが、今こうして振り返ってみると、心配してくれていたのだろうな、と思います。

母が「あんたが心配」を盾にコントロールしてくる人だったので、「心配」の概念を私ははき違えていました。
(祖母に限らず)本当に心配してくれる人、というのを見分けることができていませんでした。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

【親を反面教師に】不機嫌で他人をコントロールしない

私の母のケースは少し過激ですが、「不機嫌で他人をコントロール」って、うっかりやってしまうこともあるのではないか、と思います。

たとえば、以前知人から聞いた話ですが
「夫が家事をやってくれずに腹が立って、わざとお皿のカゴを乱暴に置いてしまう」とか。

(もちろん家事をしない夫にも問題があるとは思いますが)不機嫌を表明することで「わかってよ!」ということですよね。

なぜ直接言えないかというと、「それは君の仕事だろ」「俺は疲れているんだ」と言われたりして余計に怒りがこみ上げるか、喧嘩になったりするからなのでしょうね。

そう考えると、仕方ない面もあるよなあ、とは思います。

ただ、不機嫌でコントロールされてきた人間としては、当てつけのために不機嫌になるくらいなら冷静に話してもらったほうがいいかな、とは思います。

私がもし、母から不機嫌をまき散らされるのではなくて、「お母さんはこういう不安を抱えているの」と説明してもらったら、よっぽど納得がいったのになあ、と思います。

とはいえ、それができないから不機嫌になっちゃうんですけどね。

人に気持ちを冷静に伝えるには、自分の気持ちや状態を客観視する必要がありますから、私の母のように、生まれつき考えることが苦手でできないという人もいるのでしょうし。

かくいう私自身も、若い頃はつい不機嫌を表出してわかってもらおうとすることがありましたし(母の影響をモロに受けていました……反省。今は気をつけています)。

しかも、自分から不機嫌になっておきながら、ただひたすら機嫌をうかがわれると、余計にイラっとしていたりしました(我ながらひどい)。

一方で、「不機嫌でいられるとつらいよ、どうしたのか話してくれる?」と聞いてもらったほうが、気持ちを話しやすくなる気がしましたね。

なので、不機嫌な人に遭遇したら、「どうしようどうしよう」と慌てるのではなく、「どうしたの、もしよかった話してくれる?」と聞けるようになるといいなと思いました(まあ、うちの母のような人だったら「あんたのせいでしょうっ! 自分の胸に手を当てて聞いてみなさいっ!」なんて言うでしょうが……そういう人とは対話自体が難しいので距離をとるしかないと考えています)。

まあ、不機嫌になる権利もまたありますので、「ああ、不機嫌なんだなー」くらいでどっしりと見守るのが本当はいいのかもしれません。

体験談 ほかのエピソード

www.shishimoto-yuima.work

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告