足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【機能不全家族】 夫婦間で意見の統一ができていないと、子は「生きながら同時に死ぬ」ことになる

両親の価値感があまりにも違いすぎること、そしてお互いが歩み寄る気がないこと。両親のもとに生きているだけで怒られることが決定していました。

【母と絶縁するまでのこと】見栄のために嘘ばかりつく母を信頼できなかった

「自分をよく見せるための嘘はどんどんつけ!」という母のことが理解できませんでした。

【機能不全家族】たとえしつけでも、叩かれた記憶はいまも心に影を落としている

たとえしつけであれ、子どもを叩いても良いことは一つもない、と叩かれた側の私は思う。

【機能不全家族】人生で最初の記憶 - 自分の体調不良よりも親の機嫌を優先@3才

人生で最初の記憶は、「親に体調不良を言えなかったこと」。

【もくじ】母と絶縁するまでのこと - いかにして支配に気づき、距離を置いたか【体験談】

「親と決別する以外、もう選択肢がない」という方のために、「私はどういう経緯で絶縁に至ったか」という実体験のもくじ(記事一覧)です。

「重い母」から逃れるためには「罪悪感」との付き合い方がカギ - 罪悪感は母の亡霊

娘が娘自身の人生を生きるためには、「母の要求」を断る必要が出てきます。そのときに湧いてくるのが「罪悪感」。罪悪感に負けていると、いつまでも母の支配下から抜け出せません。

母息子関係よりも母娘関係がこじれがちな理由を考える③ - 娘を支配していることに無自覚/息子の利用には自覚あり

娘のため、と言いつつ、実は娘を支配している「重い母」。その自覚が全くないので、娘が怒っても、全くピンときません。「娘=自分(母)と同じ感性」と思い込んでしまっているから。

母息子関係よりも母娘関係がこじれがちな理由を考える➁ - 息子のことは上に見るが娘は下に見る

息子のことはある時点から尊重するのに対し、娘に対してはいつまでたっても「上から目線」の母。娘側の我慢が大きいほど、盛大にこじれます。

母と息子の関係よりも母娘関係がこじれがちな理由を考えてみる① - 同性の先輩ゆえの上から目線

結局のところ、同性間であれ、異性間であれ、親子関係がこじれる理由の一要素は「(心理的な)距離が近すぎる」ということなのだろうな、と思いました。

娘にのしかかる「重い母」はいかにしてつくられたか

重い母たちは、自己犠牲を武器に、娘の罪悪感を刺激し、娘を通じて、自分の欲望を達成している。

「うちの母、なんかおかしい?」と思ったら6タイプの「重い母」に該当するかチェック

「自分の母親を客観視すること」これが母娘関係の悩みを改善するための第一歩。