足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【もくじ】私はいかにしてアダルトチルドレンになっていったのか 【体験談】

「親と決別する以外、もう選択肢がない」という方のために、「私はどういう経緯で絶縁に至ったか」という実体験のもくじ(記事一覧)です。

【体験記】テスト前に不安そうにしていると母がカンニングをさせようとしてくるのがつらい【母と絶縁するまでのこと】

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。本記事は、模試や資格試験の前に不安になっていると、母がカ…

【体験記】店員さんにクレームをつけて得しようとする母を恥ずかしく思う【母と絶縁するまでのこと】

怒りをかうので言えなかったけれど、イヤなものは「嫌」「やめてほしい」と伝えるべきだったかもしれない。

【体験談】母が父に嫌がらせをしているのを見るのがつらい - 郵便物は捨てるし無言電話をかけまくる【母と絶縁するまでのこと】

母が執拗に父に嫌がらせをしているのが辛かった話。 そんなに嫌なら離婚すればよいのに、離婚はプライドが許さない母なのでした。

【体験談】両親の不仲がつらい② - 母が描いた藁人形的な落書きにゾッとした【母と絶縁するまでのこと】

何か不幸が降りかかったとして、それ自体はコントロールできないけれども、どういう態度をとるかは自分で選べるのだということを忘れないようにしたいと思います。

人間関係において「なんとなく感じた」ことは、けっこう当たっているのではないかと思う

「なんとなく感じた」ことはけっこう当たっているので自分の感じ方を信じてよい(ただし被害妄想的にはならないよう注意)という話

思っていることは想像以上に伝わるので、自分のことも人のことも否定しない心でありたいと思う

思っていることは、想像以上に伝わってしまう(ことがある)ので、日頃から自分のことも人のことも、「OK」を出せる(せめて否定しない)状態でありたい、という話。

【体験談】「あなたは良いんだけど、お母さんがね……」と先生に言われたのはショックだった【母と絶縁するまでのこと】

「あなたは良いんだけど、お母さんがね」という言葉には、そのままの意味とそれ以上の意味を含んでいました。正しいことではありましたが、中学生当時の私にはとてもショックでした。

【体験記】クラス替えの結果に文句をつけられる&「先生の機嫌とってこい」【母と絶縁するまでのこと】

クラス替えで「1組」や、学年主任の先生のクラスにならないと母の機嫌が悪かった話です。

【体験記】よい成績をとりたすぎて体調が悪いのにプールに入ってしまった話【母と絶縁するまでのこと】

母の機嫌をとるべく、体育でも良い成績がとりたかった私は、休むべきときにプールに入ってしまい、恥をかいた(&迷惑もかけた)話です。

【体験記】女性として成長することに罪悪感があり「ムダ毛ケア用品を買って」と言えなかった【母と絶縁するまでのこと】

「娘が女性として成長していくのを喜んでいない」ということ、母は口には出しませんでしたが、私は確実に感じ取っていました。

【体験記】通知表のコメントで翌年の過ごし方が拘束される【母と絶縁するまでのこと】

通知表の先生からのコメントを過剰に気にする母にうんざり。しかしスルーできず、ますます自分を追い込んでしまいました。