ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

「失敗」がのちの成功につながっているケースは想像以上に多い|『失敗図鑑 すごい人ほどダメだった!』

世の中を変えるような逸材でも、これほど失敗したり苦労しているのか、と思うと、「人生に山や谷はあって当たり前」なので、必要以上に心を乱されずに生きていきたいと思いました。

読むのに気合がいる本はイラストで理解|『見るだけでわかる! ビジネス書図鑑』

とっつきにくい35冊のビジネス書をイラストで紹介している本。

【雑談】本をプレゼントしてもらうと今の自分がわかる

隠しているつもりでも、自分の状態は思いのほか外にしみだしているのだと実感した体験。

すべては「無常」であることを忘れるな|『方丈記』鴨長明

ここ最近の世の中の雰囲気は『方丈記』に通じるものがあると感じます。

「ご機嫌とり」は上下関係をまねく|『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったときに読む本』

私が主に築いてきたのは、友達関係ではなく、上下関係だったことに気づかされました。

できる人は意外と少ないから、武器にできるかもしれない |感想『ずるい考え方 ~ゼロから始めるラテラルシンキング入門~』

AIが台頭していく今後、人間にしかできない発想力を磨きたい

解決できない悩みをクヨクヨ考えることは1トンの石を手で動かそうとするようなもの|感想『人生うまくいく人の感情リセット術』

いまだに変えられないものを変えようとしていることに気づきました。

他人からのネガティブ情報を「暗示の言葉」でシャットアウトして本来の自分に戻る |感想『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』

他人の感情や思考は、ミラーニューロンを介して想像以上に伝わってきています。それに邪魔されて、本来の自分でいられなくなってしまうと振り回されがちに。

自分の利益のために他人を使うサイコパスからは逃げるが勝ち |感想『まんがでわかる隣のサイコパス』

すでに関連の本を何冊も読んでいる人には退屈かもしれませんが、「サイコパスって何ぞや?」という人にはぴったりの一冊かと。

自分の考えを押し付けてくる人は、正しさの形を借りて「うっぷん」を晴らそうとしている |感想『正しさをゴリ押しする人』

正しさをゴリ押しする人の特徴の一つは「ものごとを多面的に見ることができない」。ありていに言ってしまえば、「相手の言うことを理解できない」ということ。

ラクでいられる距離まで自分から動くしかない|感想『離れたくても離れられない人との距離の取り方』

違和感を感じているのに、相手に近づいていく。 それこそが、トラブルに発展するもと。