ししもとの読書ノート

自分らしく生きるために知識をつける

怒っている人は実は怖がっている|感想『すぐ感情的になる人から傷つけられない本』

怒りには、たいてい「恐怖」が隠されている。怒りだけを見るのではなく、「何を恐れているのか」がわかると振り回されにくくなるかも。

【2020年上半期振り返り】印象に残った3冊

2020年上期に読んだ本のうち特に印象深かったものをピックアップしています。

傷つくことを減らすには? ➤「他者は勝手に判断してくるもの」という構えを持つ|感想②『愛の本 他者との〈つながり〉を持て余すあなたへ』

傷つきやすい人はどのようにして、他者とつながりを築いていけばいいのか。

幸福の条件とは? ➤自分にとっての「これだ!」を見つける+それを通じて他者とつながる|感想①『愛の本 他者との〈つながり〉を持て余すあなたへ』

「自分にはこれだ!!」というものを見つけて継続し、それを通じて他者とつながっていくことで、幸せな生き方に近づくのではないか

読書感想ブログを運営してみてよかったと感じること3つ

読書感想ブログは自分にとっての「知の資産」になると思う、という話

居場所がなくてつらい……➤自分にも他人にも評価を下していないか|感想『「自分の居場所がない」と感じたときに読む本』

精神的な「居場所のなさ」には「自己受容」が関わっています。

毒親を抱えていると介護はますますカオスに|『親の介護、はじまりました』『親の介護、10年目』

「毒親を抱えていると介護がどうなるか」という一つの例、といえるかと思います。

シリアスなテーマだが、笑えるのでなんだか勇気がわいてくる|感想『ひとりでしにたい(1)』

「主人公の35歳独身女が、親戚の伯母さんの孤独死をきっかけに、これからの生き方(死に方)を考える」というお話。

眠れない……➤一旦起きて眠くなるのを待つ|『最新の睡眠科学が証明する 必ず眠れるとっておきの秘訣!』

寝室は寝る専用の部屋にする。15分眠れなかったら一旦起きる。

60歳でも活躍するための考え方 ➤日銭を追わずに価値を追う|感想『自営業の老後』

売れっ子イラストレーターだった著者が50歳前で経験した依頼の激減。その不安に向き合いつつ、老後に向けてできることを実践していくという本。マンガ形式です。

【リスト】黄色い表紙の本を並べてみた

これまで書いた感想記事(103冊)のうち、黄色い表紙をピックアップしてみました。