足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【体験談】就職試験の真っ最中に「母のことが絶対的に嫌い」と気づいてしまった【転機①】

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。

広告- - - - - - - - - -

 

 

 

嫌々受けた就職試験

ジオクレイパー Break Effect 中層ビル 1/2500製塗装済みスケールモデル

 

就職するのが嫌で嫌でたまらない(が、自分を貫く気力もなくひたすら絶望していた)私ですが、消去法的に就職する道しかなく。

仕方なく就職活動をしていました。

ですが、嫌々活動していることが透けて見えたのでしょう、売り手市場だったのに、いまいちうまくいきませんでした。

だって、志望動機も、一応それっぽいことを書いてはいますが、心のなかでは「仕方なく」ですからね。
何千人も学生を面接した来た人にはバレていたのではと思います。

さすがにもう決まらないとまずいぞという時期になって、ようやく「”仕方なく”をいったん封印するか」という気になりました。

その直後に受けた会社の、筆記試験でのことです。

SPIテストで

2024年度版 7日でできる! SPI必勝トレーニング


私が受けた会社では、「SPIテスト」というものがありました。

SPIテストは言語・非言語能力を見るものですが、「性格検査」という項目もありました。

「社交的か」とか「一人で取り組むほうが好き」とか、そういった質問がズラズラ並んでいて、「あてはまる/少しあてはまる/どちらでもない/あまりあてはまらない/あてはまらない」の五択を直感で答え、マークシートにマークしていくものです。

あまり深く考えずに、ポンポンと答えられていたのですが、ある質問を目にしたとき、手が止まりました。


「母親のことが好きか」

というもの。

あてはまるとかあてはまらないの前に、「えっ??」と戸惑ったのを覚えています。
「な、なんでそんなこと聞くの?」「就職試験に関係あるの?」と。

なにか、よからぬ答えが湧き上がってきてしまいそうな気がして、慌てて思考を働かせました。

「ええと……普通はみんなお母さんのこと好きなんだよね? ということは、この問いには「あてはまる」を選べばいい、んだよね??」

性格検査は直感で選ぶよう言われていましたが、一問くらい頭を働かせてもいいだろう、と。

しかし、「あてはまる(=母親のことが好き)」のマーク欄を塗りつぶそうとするも、全く手が動かないのです。
胸のあたりというか、お腹の底のあたりがムカッとさえする。


そうしているうちにも、時間はどんどん進んでいきます。
「母親のことが好きか」は一旦置いておいて、とりあえず最後まで急いで答えることに。


すると「父親のことが好きか」という問いもありました。

100%好きかというと……まあ、父は父で困ったところもあるのでアレですけど、まあ「(がんばれば)あてはまる」かな、と。
少なくとも「少しあてはまる」くらいはなんとか。

じゃあまあここは、「あてはまる」でいいか、とマーク欄をぬりぬり。

そして、空欄になった箇所に戻ります。

父のことが好きなら、母のことも好き、でいいじゃないか。
育ててくれた両親に感謝、的な感じで。

でも、どうしても、どーーーーうしても、ダメでした。
どうしても母については「あてはまる(=母のことが好き)」を塗りたくないのです。

そしてやっと、認識しました。


「私、お母さんのこと、絶対的に嫌いなんだ……。思考でねじ伏せられないほど、嫌いなんだ……」

試験の最中でありながら、本当に驚きました。

母のことが嫌いと気づいたとたん、人の道から外れたような気がした

AGM65 自分で道をつくれる 道路柄 マスキングテープ 3本セット 道路 滑走路 線路 おもちゃ 遊び インテリア

 

「お母さんのことが嫌いって、私、人としてやばくない?」と。
「いろいろあったにせよ、一応は、育ててもらったんだよ?」と。
「親は大切にするべきだし、子供にとってお母さんって、無条件で好きな存在なんじゃないの?」と。

今でこそ、「毒親」とか「母娘関係は難しい」とか、親子関係に関するの理解が進んでいますが、当時は「お母さんのことが嫌い」だなんて言っている人、周りにも、有名人にも、いなかったんです。

だから、私がおかしいのだ、と思いました。

広告- - - - - - - - - -

 



嘘をつくことにした

学研ステイフル B5ルーズリーフ マークシート ED03080

試験終了時間まであと数分。

「どうしよう……。正直に答えたいけれど……〈あてはまらない(=母のことが嫌い)〉を選んでしまったら……なんだか落ちそうな気がする」

もしも私が雇う側の人間だったら、「母親のことは嫌いです」と言う人は、雇わないかもしれない、と思ったからです(※)。
(※「親は大切に」という「常識」に私自身が囚われていたからであり、合否に関係するかはわかりません)。


でも、ここで就職先が決まらなかったら、学校関係など、多方面に迷惑をかけてしまいます。
何よりも、すでに父が早期退職していたので、経済的な猶予がありませんでした。

そして、鉛筆を持つ右手に左手も添えて、無理やり「あてはまる(=母のことが好き)」のマーク欄を塗りつぶしました。

あのときの苦痛というか、抵抗感は、いまだに忘れられません。

帰り道がつらい

フジミ模型 1/24 ガレージ&ツールシリーズ No.35 EX-1 交通信号機 (車両用/歩行者用/ブラウンカラー) セット GT-35 EX-1

試験の出来・不出来よりも「私は母のことこんなにも嫌いだったのか」ということに衝撃を受けていました。

そしてのしかかる、どんなに嫌いでも、母のいる家に帰らないといけない、という現実

どんなに離れたくても、母の娘であるという事実を変えることはできない、という無力感


しかもこの無力感、なんとなく知っている感じなんです。
実は子どもの頃から、認識できていなかっただけで、幾度となく感じていたのだ、と気づきました。

それほど辛かったのに、「お母さん嫌い」とまでは思うことができなかった……。

そんな自分が情けないような気もしました。

でも、どうにもできなかった。

親子だから。
血がつながっているから。

すぐに何かを変えられるわけでもなかった

この日私は、何事もなかったような顔で帰宅し、母とも「(就職試験の出来は)まあまあなような気もするけど自信ない」などと、普通の会話をしました。

そうしてその後も数年間、「これまでの私」を装いました。

その一方で、もう以前の自分には戻れないような気もしていました。
だって、気づいてしまったのだから。

つづき>>>(後日更新)

母への嫌悪感に気づいて以降のことは、このページ(後日更新します)にまとめています。

ほかの記事

機能不全家族体験談 一覧>>>私はいかにしてアダルトチルドレンになっていったのか 【体験談】

広告- - - - - - - - - -