足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【もくじ】母と絶縁するまでのこと - いかにして支配に気づき、距離を置いたか【体験談】

f:id:shishi-book:20210310155436p:plain


母にとっての私は「母の地位を向上させるための道具(or 作品)」でした。

2012年頃、母と距離をとることに決めました。
2021年現在も連絡を絶っています。

母と離れてから、やっと「本来の自分の人生」が始まりました。
「ただ生きる、それだけのことがなぜか死にそうなほどに苦しい」状態から脱しました。

絶縁はあくまで最終手段であり、決しておすすめできるわけではありません。
それを踏まえてもなお、「親と決別する以外、もう選択肢がない」という方のために、「私はどういう経緯で絶縁に至ったか」という実体験をお話ししていこうと思います(本ページをもくじとし、記事一覧を載せていく予定です)。

かいつまんでポイントだけ書いてもいいのですが、この結果に至るまでの原因「母娘関係」「父のこと」「家庭環境」などと切り離すことはできないと感じます。
また、私としても、過去の痛みを客観視することによって成仏させたいという思いがあり、細かいことも含め、小記事に分けながら書いてみることにします。
ただ書いているだけだと「恨みつらみ」になりそうだったので、「親から学べること(反面教師)」という項目を各記事に設けました。

あくまで「とある個人の一例」ですので、読んでくださる方々にどの程度役立つかはわかりません。
「私のほうがもっとつらかった……」と過去を思い出し、しんどい思いをさせてしまう場合もあるでしょう。
一方で「毒親の呪いを解きつつある(完全に解けるかはわかりませんが、解こうとはしている)人間もいる」と希望を持ってもらえるといいな、とも思っています。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

記事一覧(もくじ)

親への不信感は幼児の頃から

父のこと

人生最初の記憶 - 体調不良よりも親の機嫌

 

たとえしつけでも、叩かれたことの記憶は今も暗い影を落としている

子どもの頃から母のことが信用できなかった

見栄を張るために嘘をつく母

両親の考えが違いすぎると「生きながら死ぬ」ことになる

 幼児教室に通わせたい母と反対派の父(ダブルバインド)


・自分の身は自分で守るしかない、と決意したできごと

小学生の頃に辛かったこと

中学生の頃に辛かったこと

高校生になるとほころびが隠せなくなった

浪人して死にかけるも、地獄の石を拾う

地獄の石を握りしめつつの大学生活

就職する前に疲労困憊、ガス欠

就職試験の最中に「母のことが絶望的に嫌い」と気づいてしまう

組織の中でもなぜか踏み台にされがち

全てのトラブルの大元を探ると、どうしても母との関係性にたどり着いてしまう

私が一人の人間として生きていくには、母と距離を置くしかなかった

距離をとるためにした準備

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告