足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【母と絶縁するまでのこと】母の機嫌を損ねると「あんたを置いて出ていくんだからね」

「親と決別する以外、選択肢がない」という方に向け、私自身の実体験を綴るシリーズ記事です。

前回の記事で、子ども時代の私は、何ひとつ、選ぶことができなかった と書きました。

だから、よそのお子さんが、「きょうはあんぱんまん着る~!!」などと声を大にして主張している姿を見て、驚いたことがあります。

その子のお母さんも「あらー、昨日も色違いのアンパンマンだったじゃない笑 まあ本人が着たいって言うからいいか」なんて苦笑しながら、子の意見を採択しておられるではありませんか。

子どもって、こんなふうに親に主張できるものなんだ、、、と、とてもとてもビックリしました。

もちろん、そんな家庭は希少なのかもしれません。
ただ、子を持った同僚や友人を見ていると、比較的寛容というか、子どもの「こうしたい」をわりと尊重しているように見えました。
(現実的にそうしないと埒が明かないから、という事情もあるのかもしれませんが)

私ももっと「こうしたい」って言って良かったんだ、主張する権利はあったんだ、と愕然とするとともに、「いや、でも現実的に無理だったな」とも強く思うのです。

なぜかというと、私の母は、気に入らないと一日中怒り続けたり、無視する人だったから。

本記事ではそのあたりのことを書いていきます。

本シリーズのほかの記事をご覧になりたい方はもくじ記事からどうぞ>>【もくじ】母と絶縁するまでのこと - いかにして支配に気づき、距離を置いたか

母の機嫌によって生命が脅かされる日々

f:id:shishi-book:20210505145214p:plain

私が子どもの頃、母はいつも怒っていました。

原因の一つは、父や、同居していた祖父母とよく揉めていたことだと思います。

母の「場当たり的なウソをつく」という性質を父や祖父母が理解できなかったという感じで、もちろん母にも問題はあるのですが、母からすれば「私(母)は悪くない! あいつらが悪い!!」という思い込みがあったようです。

ほぼ常に怒っている状態ですから、万が一、私が何かしでかしたりしたら、もう大変なことになるんですよ。

ちょっとでも私の言動が母の気に障ろうものなら、

「あんた、今、〇〇って言ったね!? 
あー知らない、もうあんたのことなんて知らない。
お母さん、あんたを置いてここを出て行くんだからね。
あんた、ここで一人で生きていくんだね?
お父さんも爺やも婆や(※)も、あんたになんか何もしてくれないよ!?
それでいいんだね?」

(※ 「爺や・婆や」は、一般に召使いのことを指す言葉のようですが、母は祖父母(母からすれば義理の親)のことを「いじわる爺や・いじわる婆や」と呼んでいたので、そのまま記載しました)

と、ものすごい剣幕でまくし立てるのです。

今の私なら「どうぞどうぞ出て行ってください」と言えますが、当時はまだ幼稚園にも入っていない子どもでしたので、「イヤだ! 出て行かないで!」と泣きながら答えるので精いっぱいでした。

父は仕事で日中いませんでしたし、祖父母に対しては接触禁止令を出されていた(私が祖父母に懐かないようにしていた)ので、実質的に、私にとっては「母がいなくなる=自分の死」だったわけです。

なお、「あんたを置いて出ていく」の時点でご機嫌取りに失敗すると、「無視」に移行します。
無視といっても、不機嫌をまき散らすタイプの無視です。
ねばねばした目でこちらをにらみつけ、目が合うと「ふんっ」とそっぽを向くやつです。
そっとしておくと余計に怒られるやつです。

「おかあさーん、、、どうしたのおーーー」と目に涙を溜めながら媚びねばなりません(それはそれで「あんたのせいでこうなってるんでしょうっ!!」「自分の胸に手を当てて聞いてみなさいっ!」とやられるんですが……母が怒りを出し終えるまで付き合うしかなかった)。


今思うと、脅しや無視は、単に母が私をコントロールしたくてやっていただけのことなんですよね。
母は家出するような勇気も行動力もない人ですから。

けれども、子どもだった私には「あんたを置いて出ていく」という脅しや、長時間にわたる不機嫌・無視は、とてもとてもとてもとてもとても、堪えました。
心理的虐待に相当すると私は感じています。

暴力を伴わない精神的・心理的虐待は、いまだに理解されづらかったりしますよね。
私の母もきっと「そんなつもりで言ったんじゃない、売り言葉に買い言葉みたいなもの」と言うでしょう。

でも、当時の私が、命の危険を感じていたことは事実なのです。

あのまま母の機嫌を損ね続け、ごはんを食べさせてもらえなかったら、死ぬ可能性があったのですから。

死にたくなければ、母の機嫌をうかがうしかない

この「あんたを置いて出ていく」が出ないよう、私は細心の注意を払っていました。

とはいえ、大元の、母 vs 父や祖父母との揉め事はなくなりません。
双方とも「そっちが悪い」と思っているからです。

家庭内の揉め事自体は避けられないので、せめて最悪の事態を免れなければなりませんでした。そのためには、私が我慢するしかないのです。

だから基本的に、「〇〇したい」などの自分の願望を母に伝えること自体、ハードルが高かったのです。
洋服やら靴の好みとか、遊びたいとか、そんなことよりもまず「安全」「命」だったのです。

もちろん、母の機嫌が良さそうなときに「〇〇したい」と言ってみたことはありますが。
でも、しつこく食い下がったりしてはいけません、機嫌を損ねるから。

こうして、私は、どんどんコントロールされやすい子に育っていきました。

見知らぬ大人たちからは「聞き分けのよい子」として、随分褒められました。
聞き分けが良かったんじゃないんですよ、単に命がかかっていただけ。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

大人になってからも影響がある

母の、「不機嫌をまき散らしながらも、無視をする」という行為。

あまりに小さいころにやられたせいで、ちょっとしたトラウマになっているのでしょうか、大人になってもなお、私は不愛想な人が苦手でたまりません。

職場に不愛想あるいは不機嫌な人が一人いるだけでも、恐怖で身体が軽く震えます。
私の中に、生体防御反応として残ってしまったのかもしれません。

けれど、悪意などまるでない、単なる「不愛想な人」なんて、世の中にいくらでもいますよね。
彼らにとってみれば、ただ単に普通の顔をしているだけのこと。
普通の顔をするな、と言われても困るでしょう。

それは重々承知していているのに、不愛想な人が怖くてたまらないのです。
母にしていたのと同じように、過剰に顔色をうかがってしまいます。
不審がられることもあれば、都合よく利用されることもありました。

結果、会社などの組織に所属すると、仕事以外に気をまわすことがありすぎて、ヘトヘトになってしまうのです。

頭で「この人は母とは別」とわかっているのに、身体の恐怖反応が先に来てしまうのだから厄介です。
ひざを叩くとかかとが上がる、みたいなものです。

「まあ、大変だったけどさ、今はもう、大人なんだし、大丈夫なんだからさ(引きずらないで)」と言われると、確かにその通りなのだけれども、私の世界ではそこまで割り切れるには至っていないのだな、と実感します。

母の呪いの効力に、驚かされるばかりです。

分析できるようになったのはよかった

とはいえ、ここまで冷静に振り返ることができるようになったのは、我ながら進歩だと思います。
以前ははっきりした原因もわからずに、ただ「怖い怖い」と震えているだけでしたから。

原因がわかっていると、とれる選択肢が増えますものね。

不愛想な人、不機嫌な人への恐怖反応が出たとしても、後で「あ、これ、いつものやつね」と処理できますしね。

また以前は、「無愛想だからって苦手と思ったらダメ」とか、「苦手な人とも話してこそ大人」と自らを追い込んでいたのですが、今は、気が向かないなら距離を保ってもよいのだと思えるようになりました。

もちろん、苦手な人ともうまくやれるのがベストなのかもしれませんが、いきなり頂上(=理想の自分)を目指しても怪我をするだけなので、一歩一歩、手前の橋から渡っていこうと思います。

参考記事

www.shishimoto-yuima.work

www.shishimoto-yuima.work

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告