足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【毒母体験記】親の機嫌を損ねるので、体調不良はすさまじい絶望だった

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

私は、中年になった今でも、体調不良を(人よりも)恐れてしまう人間です。

もともとの神経質な気質によるところが大きいのかもしれませんが、家庭環境が恐怖心を増大させたのではないかとも考えています。

特に子どもの頃、「体調を崩すと母の機嫌を損ねる」「(私が体調不良で泣くことで)両親が喧嘩をし始める」といった、「体調が悪いときこそ、さらに追い込まれた状況になる」というのが日常だったからです。

その体験から、私は「体調を崩す可能性のあるもの」を病的なまでに避けたりするようになりました。

今は比較的落ち着いていますが、一時期は強迫性障害(不潔恐怖)の症状にひどく悩まされ、社会生活が満足に送れませんでした。

本記事では、私が体調不良を必要以上に恐れてしまうようになった背景について、書いてみようと思います。

子ども時代、しょっちゅうお腹が痛かった

f:id:shishi-book:20210527005704p:plain


子どもの頃を思い返すと、「いつもお腹が痛かった」という印象が強いです。
あくまで私の記憶なので、多めに見積もってしまっているかもしれませんが、2~3日に一度は腹痛に悩まされていたような気がします。

子どもゆえ、単純に消化機能が未発達で腹痛が起こりやすかった、という事情が一番大きかったのだろうとは思います。

それに加え、私の母は、衛生観念が破壊している人でした。
賞味・消費期限に気をつけるという概念もなく、私は知らず知らずのうちに、期限の切れたものを口にしていたようです。

母の世代的に、戦後の食べ物のない時代を生きていますから、消費期限などを気にする習慣がそもそもなかった、という事情もあるでしょう。

ただ、そういった事情を加味しても、私の母の場合はどちらかというと「注意力散漫」というのでしょうか、「抜け落ちてしまって、気をつけることができない」というのが実情だったように思います。

そんなこんなで、私はしょっちゅうお腹を壊していました。

お腹が痛いだけでもつらいが、親の反応もつらい

単純に、お腹が痛いとだれでも辛いですよね。
大人になっても辛いものです。

腹痛に苦しむ私をさらに追い詰めたのは、母の態度でした。

私が腹痛を訴えると、母はひどく面倒くさそうでした(まあ、たしかに親としては心配だし大変ですから、仕方ないとは思いますが)。

「大丈夫?」なんて心配の言葉をかけてもらったことはありません。
面倒くさそうな顔で「トイレ行きなさい」と言うのみです。

たまに背中を軽くたたいてくれることはありましたが、「すごい面倒くさそう」な感じがありありと伝わってきて、だいたい余計に具合が悪くなってしまいました。

お腹が痛いことに加え、「あー、お母さんめんどくさそう、お母さんを困らせてしまっているのがつらい。わたしのお腹が痛くなるのがいけないんだ」と謎に自分を責めてしまうのでした(今思うと、人間、しかも子どもである以上、お腹が痛くなるのも仕方ないことなのに、私という存在自体に問題があると思っていました)。

「わたしはお母さんにうとましがられている」

すると不安感が高まって、余計にお腹が痛むのです。

私はつらくて悲しくて痛くて、どうしても泣き出してしまいます。
すると母は、「ギャーギャーギャーギャーうるさいっ」と怒り出します。

他の記事でも書いていますが、母は一旦怒り出したら止まらない人。

見かねた父(父は基本的には別室にいました)や祖母が「あまりにも泣いている私&怒っている母」を心配して様子をうかがいに来るのですが、これがまた、母にとっては気に入らないんですね。

「あんたがお腹が痛くて泣いているだけなのに、お母さんがあんたをいじめてるみたいに言われたじゃないっ!」と怒るんですよ。

そういった八つ当たりが父の耳に入ると、今度は父が母に注意をし、夫婦喧嘩が始まります。

父としては、私のために母に注意してくれていたのでしょうが、私にとっては夫婦喧嘩そのものが身を切られるような痛みだったので、「もうほんとやめてくれ……」という気持ちでした。

お腹は痛いわ、母は不機嫌だわ、夫婦喧嘩も勃発するわ、で、本当にヘトヘトでした。

さらに、状況によっては、父から平手打ちされることもあって、そんなときは本当に絶望しました。

体調が悪いときに怒られたり叩かれるって、信じがたいほどに追い詰められます。

とはいえ、病院に連れて行ってはもらったので、客観的には「問題ない家庭」だったのでしょう。

あの頃の私の願いは、とにもかくにも
・お父さんとお母さんがケンカしませんように
・おなかが痛くなりませんように
この二つでした。

未来への希望なんて、ありませんでした。
ただ一日一日を生き抜くことに必死でした。

そしてあるとき、「自分の身は自分で守るしかない」と強く強く決意するキッカケがあり、それ以来、私は「お腹が痛くなる可能性があるもの」を徹底的に避けるようになりました。

長くなるので次の記事にします。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告