足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【機能不全家族体験記】人生で最初の記憶 - 自分の体調不良よりも親の機嫌を優先@3才

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。

時系列に従って書いていますので、本記事では、母ではなく父の話がメインです。
(父に対しても思うところはあるのですが、父なりに子を思う気持ち自体があることは成長過程で理解したので、連絡はとっています)

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

人生で一番最初の記憶はなあに?

さすがに中年ともなると「人生で一番最初の記憶は?」なんて問われることはなくなりましたが、若い頃は友達同士でよく問い合ったりしたものです(まあ、「記憶力の競争」みたいなものでしょうか)。

悲しい思いをした子どもほど、幼い頃の記憶がある、なんて聞いたことがありますが、私自身も最初の記憶は3才頃、幼稚園に入る前のことです。

具合が悪くてしゃがんだら激怒される@3才

物心ついたときには、すでに両親不仲だったので、家族旅行なんぞ、片手で数えられる程度しか行った記憶がありませんが。

数少ない旅行うちの一回が、3才頃に行った京都でした。

f:id:shishi-book:20210316175637j:plain


私は、旅行中に熱を出してしまったのですが、(緊急事態というほどでもなかったらしく)翌日も観光を続けていました。

とはいえ、発熱中の身。
移動の路線バスの中、熱があるので立っているのも辛くなり、無意識のうちにその場にしゃがみこんでしまいました。
すると父に「行儀が悪い!!!バスの中でしゃがむなんてどうかしている!」と、まあー怒られる怒られる怒られる。

私としては、行儀を悪くするつもりなどなく、単に身体がきつくて無意識的にしゃがんでしまっただけなんです。
身体がきついので、反抗したり泣いたりするような気力もありませんでした。

立ち上がらないと怒られ続けるので、「この世はなんてつらいところなんだ」と思いながら、ひざに手をついて立ち上がったあの瞬間を、今でもとてもよく覚えています。
ちなみに、母も一緒にいましたが、かばってくれることはありませんでした(まあ、ヘタするとバスの中で夫婦喧嘩になりそうなので仕方がなかったのかもしれませんが)。
目的地に着くまで朦朧としながら立ち続けたことを忘れることができません。

普通の子どもなら、泣くなり言葉にするなり、何らかの形で「体調が悪い」ということを訴えることができるのでしょう(あるいはまっとうな家庭なら親のほうが気づくのかもしれません)。

でも私は、「体調が悪い」こと自体を表現できなかったのです。

親に「体調が悪い」ことすら伝えられなかった理由

後年、父に「京都のバスでしゃがんだときに怒られたのはきつかった」と話したことがあります(成長とともに、父には多少気持ちを話せるようになったので、雑談のついでに、ですが)。

すると父はキョトンとして「だって、バスで良いって言ったじゃない」と。
「体調悪いならタクシーにするけど、どうする? って聞いたら、自分でバスでいいって言ったんだよ」と。
(まあ、そうは言うても、子の言葉を鵜呑みにせずに様子を見るのが一般的な親なんだろうと思うのですが。私の両親はそのような「察する」能力が欠けている人々です)

そのあたりの記憶は全くなかったのですが。
たしかに「どうする?」と聞かれたら、まあ3才当時の私は「バスでいい」と言っただろうな、とは思います。

なぜかというと、日常的に親の機嫌をうかがっていたから。
とりわけ父のことが怖くて怖くてたまらなかったのです。

詳しくは次の記事へ>>>平手打ちする父のことが怖くてたまらない

 

www.shishimoto-yuima.work

 

【親を反面教師に】この体験から学べること

・世の中には(私の父のように)、はっきりと「言語化」しないと、伝わらない人がいる(ちなみに母は「言語化」しても伝わらないタイプ)

・相手がピンと来ていない(伝わっていない)ようなら、そこで「あーわかってもらえなかった」とあきらめるのではなく、はっきりと言語化する(※)

(※ 常に「はっきり言いすぎる」と、察することのできるタイプの人に対しては角が立つことがあるので、相手に合わせて変えていきたい、と思っています。難しいけれど。)
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告