足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【毒母のトラブル招来体質】怒られないことが第一優先事項のため、場当たり的な嘘をついてしまう

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。

本記事では、のちにトラブルにつながる、「場当たり的なウソをついてしまう」という母の行動について書いてみます。

 

 

場当たり的な嘘は日常的

f:id:shishi-book:20210413153306p:plain

以前の記事で、私の母は、劣等感が強いために見栄を張らずには生きていけないと書きました。

見栄を張るための嘘はやや計画的で長期に渡るものですが、「怒られたくがないゆえの場当たり的な嘘」も凄まじかったです。

母はゴミを捨てるという概念が欠落しているので、(おそらく無意識のうちに?)ゴミをそこらへんに放置してしまうのですが、そのことを指摘されると必ず「私じゃありませんっ!!」と反論します。

まあ、ゴミに限らず、何か指摘されると全部「私じゃありません!」なのですが。

「いやいや、そうは言ってもこれ使うの、あなただけでしょう」と反論されると、「私のじゃないって言ってるでしょうっ! 人のことをバカにしてからに!」と瞬間湯沸かし器のようにカッカカッカと怒りだすのです。

こうなるともう、手がつけられません。

母が場当たり的についた嘘が発端となっているのですが、母にとっては「馬鹿にされた」「いわれのないことで責められた」という絶対的被害者モードが発動しており、何年経っても「ひどい目に遭わされた」という記憶として定着してしまいます。

(もしかすると、嘘をついた自覚がないくらい、直前のことを覚えていないのかもしれません。あるいはどうしても「謝る」ということをしたくなかったのか)

こういった性質は、もしかすると何らかの障害(ADHDなど)かもしれないと感じるのですが、ひと昔前にそのような概念はありませんでした。

なので、父や私をはじめ、周囲の人々も戸惑うばかりでした。
特に父は「理屈としての正しさ」にこだわる人なので、母と全く話が成立しませんでした。

私としても、「どうしてこんなに明らかな事実を理解することができないのだろう?」と自分の母親を疑うことは、子どもながらにとても辛いことでした。

仮に、「あなたのお母さんには生まれつきこういう困りごとがあってね……云々」などという説明があれば、少しは楽だったかもしれない、割り切れたのかもしれない、と思います。

そういう意味では、発達障害や精神疾患などの概念が確立されたことにより、救われる人もいるのだろうと思います。
時代は少しずつ進んでいるな、と思います。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告