ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

深刻な生きづらさは愛情不足のせいかもしれない |感想『「大人になりきれない人」の心理』加藤諦三

 


子どもの頃から「どうしてこんなに生きるのが辛いのだろう」と思って生きてきました。

勉強は得意なほうだったし、友達に困ったこともなかったし、学校に馴染めなかったわけでもない。
なのに、いつも心に鉄の蓋が乗せられているような感じがする。

「これを乗り越えれば楽になるはずだ」「大人になったら楽になるはずだ」と自分に言い聞かせ、苦しいことや辛いことを処理してきたけれど、いざ大人になってみたら、楽になるどころか、ますます苦しくなっている。

とりわけ「働く」ということが辛くて辛くて仕方がない。
小さな不満はあるにせよ、相対的にみれば、かなり良い条件で働けているはず。
なのにどうして私は「普通に働く」ことがこんなにも辛いのか。

周囲の人々もそれぞれ大変なことがあるのだろうけれども、私ほど辛そうな人はいないように見える。

どうしてだろう??
こんな私は、子どもじみているのか?

そんなことを考えて悶々としていたころ、この本に出会いました。


加藤諦三『「大人になりきれない人」の心理』(PHP出版・2008)

 

「大人になりきれない人」の心理 (PHP文庫)

「大人になりきれない人」の心理 (PHP文庫)

 

 

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私はこの本を読んで人生が変わりました。
(もちろん、読むだけではなくて、必要な行動もとりました)


おかげで少しずつ人生を修正でき、十年くらいはかかりましたが、今は心が落ち着いて平穏で、たまに悩むことはあるけれど、なんだか嬉しくてほわっとした気持ちです(おそらくこれを幸せというのだろうなあと思います)。


この本以外にもいろんな方面からの影響があって、今の平穏な気持ちを得られているのだろうとは思いますが、この本は最初のきっかけを与えてくれたので、本当に感謝しています。

以来、加藤諦三さんの本は見かけると買ってしまいます(古本も含め)。

 

どんな本?

本書では

あるところで心理的な成長が止まってしまった人:「五歳児の大人」

としています。

「五歳児の大人」は、身体も実年齢も立派な大人だけれども、心が幼児なので、社会に出て責任を負うことがとても辛い、ひいては、生きることが辛い、というわけです。

心理的な年齢は見た目ではわかりませんし、本人に自覚がない場合もあります(私自身もこの本を読むまではわかりませんでした)。

ともあれ、五歳児(心理的にであっても)が社会で働くのは辛いに決まっています。

本書では、なぜ「五歳児の大人」が生じてしまうのか、自分が「五歳児の大人」だと気づいたら、どうしていけばいいのか、ということを解説しています。


なお、著者の加藤さんご自身が「五歳児の大人」だったそうで、「五歳児の大人」の気持ちをよく理解されているので、言葉が驚くほど心に入り込んできます。

「そう、そう、本当にそうなんです!」と何度頷いたかわかりません。
一つのことを説明するにも、言葉を変えたり、何通りものたとえを出してくれるので、その人その人に響く箇所が必ずあると思います。



五歳児の大人の特徴

では、五歳児の大人にはどういった特徴があるのでしょうか。

① 真面目で憎しみを持っている
② したいことをしていない
③ 協調性がない


五歳児の大人は、小さい頃からしたくないことを強制的にさせられてきているので、憎しみが生じています。自然に生きていると、その憎しみが表出してしまうので、あえて意識的に真面目にしてしまうのだそうです。

また、自分は強制的にイヤなことをさせられてきたので、したくないことをしない人を許せません(他人に対して厳しい)。

私も①~③すべて当てはまりました。

私の場合は、「私がしたいこと」ではなくて、「母がしたいこと」をさせられていました。

たとえば。
母は学歴コンプレックスがひどかったので、私は幼稚園に入る前から幼児教育の塾やら公文に行かされました。その一方で父は「勉強なんて、本人がしたければするんだから、こんな小さいうちから無理にさせる必要はない」という考えの人だったので、いつも対立し揉めていました。母の言うことを聞けば父の顔を立てられず、父の言うことを聞けば、母に怒られ何時間も無視されるというダブルバインドの状況でした。

あとは、幼稚園でのお遊戯会でやりたくもない役に立候補させられたり(母が勝手に園長先生に「うちの子はこれがやりたいんです」と言いに行ってしまったこともありました。あのときの担任の先生の困った顔が忘れられません…)。

今にして思えば一番酷かったなあと思うのは、同居している父方の祖母との接触を禁じられていたことです(隣の部屋にいるのに!)。
おそらく母は、祖母に私をとられるのではないかと心配だったのでしょう。
しかし、一緒に住んでいる人と喋れないどころか、顔も合わせられないのは辛かったです(祖母はそれなりに私のことを心配してくれていたので余計に)。
祖母と顔を合わせないよう、私は玄関を使わせてもらえず、窓から出入りさせられていました。


と、挙げれば本当にキリがないのですが、私は意思というものをとにかく封じ込められていました。だから、見ないようにはしていたものの、確かに「強い憎しみ」が心の奥底にずっとありました。

その「強い憎しみ」がときどき噴出しそうになって、誰かを思い切り痛めつけたいような気分になることがあり、自分でも怖かったです。


また、抑圧されてきたので、自由に騒いでいる小さな子どもを見かけると、いまだに許せなかったりします。

頭ではよーくわかっているのですよ、「子どもは楽しく自由に遊ぶのが仕事」って。自分はできなくて辛かったのでなおさら思います。

それにも関わらず、自由気ままな子どもを目の前にすると、ほぼ反射的に「あの子は自由にしててずるい! 私は蹂躙されてきたのに!」という気持ちが沸いてしまい、見ず知らずの子はもちろん、友人の子どもにまで嫉妬してしまったりするのです。

まさに「心理的には五歳である」ということを自分でも実感せざるをえません。


小さな子どもと張り合ってしまうくらいなので、実年齢が大人であっても、「遊びたい」盛りなのでした。

ここでいう「遊びたい」は男女関係のそれではなく、まさに幼児の「遊びたい」です。心の底にある「遊びたい」欲求を抑えて、仕事をせねばならないというのは、私にとっては本当に苦痛でした。


人それぞれ心理的な年齢が違うから、ある人にとってはなんてことない事も、別の人にとっては苦しかったりするのですね。


本書には、五歳児の大人の具体例がたくさん取り上げられていますので「もしかしたら自分もそうかも…」と思う方は読んでチェックしてみてください。




なぜ五歳児の大人が生じるか

先述した私の経験からもおおかた予想がつくかとは思いますが、なぜ五歳児の大人が生じるかというと、「母なるものへの願望が満たされない」からです。

人間は年齢によって、それぞれの時期にそれぞれ解決すべき課題と満足すべき欲求があります。
しかし、この課題に向き合わず、また欲求を満たさないと、次の時代に挫折する、ということになってしまうわけです。


幼少期にまず満たすべきものは「母なるものへの願望」。

親から愛情をもらう。
私の感覚でいえば「ありのままの自分を受け止めてもらう」ということかと思います。
本書では「安らぎ」を得ること、と書かれています。

この「母なるものへの願望」が満たされないと、ある時期に心理的成長が止まってしまうのだそうです。

そして、「母なるもの」を手に入れようと執着するようになる。
実の親だけでなく、周囲のあらゆる人から満たしてもらおうと思うようになるのです。

具体的にいえば、チヤホヤしてほしいとか、手放しに褒めてほしいとか、まさに幼児が親に求めるようなことを、周囲の人にも求めてしまうのです。

しかし、実年齢が大人である以上、幼児的な願望をあからさまにすることはできないので、正論とか世間とか常識などを持ち出して相手にからんでいったりすることになるわけです。


意識的か無意識的かは別として、恋人に「母なるもの」を求めるというのもよくあるパターン(私も陥ったことがあります)。
それで、恋人が母親的役割をしてくれないと不服になってしまうのですよね(相手にも迷惑ですよね…反省)。


この「母なるものを求める」母親固着、愛されなければ愛されないほど強くなります。
しかも、母親固着が強いと、人を愛することができなくなり、なかなか幸せになれません。愛する能力があるからこそ、負担の多い生活も乗り越えられるわけですから。

母親から愛されなかった者は、ガソリンの入っていない車でドライブを強要されているようなものである。

引用元:
加藤諦三『「大人になりきれない人」の心理』(PHP出版・2008)p.144


これ、すごくわかるんです。
エネルギーを使い果たしてすでに枯渇しているのに、人よりもエネルギーを多く使わないと生きていけない。

だから生きるのが辛くてたまらないのです。

f:id:shishi-book:20181108224947j:plain

五歳児の大人はどう生きていったらよいのか

私は誓って言うが、人の幸せは絶対に財産や名誉ではない。人の幸せの原点は、情緒的に成熟した親を持つことである。

引用元:
加藤諦三『「大人になりきれない人」の心理』(PHP出版・2008)p.140


幸せの原点は情緒的に成熟した親を持つこと。
このように言われると、不毛な家庭に生まれた人間としては、絶望的な感じがしますよね…。

しかし、不毛な家庭で育ったにも関わらず、幸せな人というのが存在するらしいのです。

それにはもちろん、本人の気質が関係しているのですが、彼らから学べることがある、と著者は言います。


不毛な家で育っても幸せな人の特徴としては

① 持っている才能をきちんと使っている
(特別な才能のことを言っているのではなくて、今日一日をきちんと生きるということが出発点。一日をきちんと生きているうちに、才能やその使い方がわかってくる)
② 信仰と祈り
(必ずしも○○教といった宗教が必要と言っているのではなくて、自分の信じたいことを信じる、祈る、ということ)
③ 趣味をもつ
(大層なものである必要はなくて、楽しく何かをするということ)


この三点は五歳児の大人が幸せになるために大切なことだそうです。

この三点は、長期的といいますか、生きる姿勢ですので、いきなり満たそうと思っても、なかなか難しいかもしれません。


以下の具体策のほうが取り組みやすく、結果も感じやすい、と私は思いました。

嫌いな人から離れる

五歳児の大人は、愛情不足なので、つい他人に好かれたくて迎合してしまいがちです。いいカモにされがち。次第に「利用してやろう」という人ばかりが寄ってくるようになります。

それでイヤな思いを重ねていって、どんどん周りの人のことが嫌いになっていってしまうという負のループにはまります。これでは生きるのが辛くて当たり前です。

ここで大事なのが「孤独を覚悟する」ということ。

好かれたい気持ちが大きすぎて「嫌いな人からも好かれたい」という状態になっているのが問題なのです。

孤独になってもいいから、自分をただ利用したいだけの人間とは離れる、と決意することが大事。

 

www.shishimoto-yuima.work

 私も長年、「嫌いな人からも好かれたい」状態に苦しみまくりました。

でも、自分は相手を嫌いなのに、相手からは好かれたいって、冷静に振り返ると、ちょっと変だったな、と思います。

孤独を怖れることよりも、嫌いな人と付き合わねばならないことのストレスが上回ってしまい、徹底的に距離を置くことになりました。

もちろんしばらくは罪悪感とか、いろんな感情にゆさぶられましたが、現在はビックリするくらい楽になりました。


自分の愚かさを反省する

少し厳しいように感じるかもしれませんが、嫌いな人にすら好かれようとした自分の愚かさを反省する必要もあります。

いくら不遇な環境だったとはいえ、自分に執着してしまって、冷静にものを見れていなかった、ということでもありますから。

「こんなずるい人たちからよく思ってもらうために、自分は無理をして生きてきたのか」という自分の愚かさを反省することである。

引用元:
加藤諦三『「大人になりきれない人」の心理』(PHP出版・2008)p.173


ただし、自分を利用する人のことを「ずるい人」とはっきり認識できるようになるまで時間がかかったりするかもしれません。

「ずるい人」は自分のことを「ずるい人」と見せないようにするのがうまかったりもしますから。とはいえ、心の奥底ではわかっているはずなのです、利用されていることを。

「ずるい人」を「ずるい人」と認めたくないような気持ちも出てきたりします。認めてしまうと、今までの自分は何だったんだろうとものすごい虚しさに襲われますので。

でも、あるとき、覚悟を決められるときがくると思います。

私の場合は「これ以上もう、我慢できない」と堪忍袋の緒が切れたのがきっかけでした。

母なるものをもたない母のもとに生まれた人として生きていく覚悟を決める

引用元:
加藤諦三『「大人になりきれない人」の心理』(PHP出版・2008)p.198

 

覚悟を決めたら、自分を冷静に見つめ直し、反省すべきところは反省する。

私はそれで人生が開けました。
自分をひたすら見つめ直していると、自分に欠けているものがわかるようになってきます。

欠けているものがわかれば、誰とつき合うか、誰を見習うか、誰を尊敬するか、何をするか、どこに就職するか…いろんなことが変わってきます。

原因がわかれば、解決の糸口もつかめるのです。

 

 

恨みを消すためには

私は、自分と向き合う過程において、自分を利用してきたずるい人に対する恨み辛みが噴出しました。

しばらくの間、それも仕方のないことだとは思います。

こんなことが辛かった、あんなことがイヤだった、と何度も紙に書き出したりしました。それだけでも少しずつ恨みは薄れていきました。


著者によれば恨みを消すために、次のような方法もあるそうです。

恨みを消すためには、「今日は人から何をしてもらったか」の日記をつけることである。
五歳児の大人は、自分が相手にしてもらったことはまったく忘れてしまっている。また人からやられたことはいつまでも覚えているが、自分が相手を傷つけたことは意識していない。


引用元:
加藤諦三『「大人になりきれない人」の心理』(PHP出版・2008)p.230

 

「今日は人から何をしてもらったか」を書き出してみると、意外といろいろしてもらっていることに驚きました。

そんなに大それたことでなくていいのです。
友達に話を聞いてもらったとか、心配してもらったとか、カフェの店員さんが話しかけてくれたとか、スーパーのレジで丁寧に会計をしてもらったとか。

自分が人にしてあげたことも、自分がしてもらったことも、どっちも覚えているのが大切。

確かに、してあげたことばかり覚えているかもな…(反省)。

広告  
 

【体験談】五歳児の大人だった私は本を読んでどう変わったか

先にも少し書いたように、母は私を「母の地位を向上させるための道具」として利用することしか考えていませんでした(母もまた、愛情不足のなかで育ったのでしょう。ADHDのような性質もあったので、母は母で苦労してきたのだろうと思います)。


私の成績が良いと母が驚くほど喜んだので、私もそれなりに努力してきましたが、大学生くらいになると手のひらを返したように「勉強や仕事で成果を出すことなんかより、結婚・出産するほうが価値がある」的なことを言われるように…。

今までの努力はなんだったのだろうと、私は虚しくてたまらなくなりました。
また、そのように粗を探して私のことをを否定するわりに、全力でのしかかってこようとするのが重くて仕方なく、29歳の頃、母と離れることを決めました(話し合いなどができる相手ではないので、実家には帰らない、住所教えない、携帯電話も変えるなど、物理的な距離を徹底的に置きました)。

一番嫌いだった人と離れました。

仮にも育ててくれた親にこんなひどい仕打ちをするなんて、としばらくはものすごく大きな罪悪感に苦しみましたが、母と離れた途端、とても楽になったのもまた事実でした。

そのときから、私の本当の人生が始まりました。


それまでは「将来必要かもしれない」「こうしておけば世間体がいいかも」「親が喜ぶかも」と思ってやっていたことが多かったので、そういったものも全てやめました。

子どもの頃から、自分の意思で選ぶということが少なかったので、しばらくは「自分の本当の気持ちがわからない」「なにが本当にやりたいことなのかわからない」という状態が続きました。

そういうときは「少なくともイヤではないかな」ということを選ぶようにしていたら、だんだん「これがいい」「やってみたい」という前向きな気持ちも出てくるようになりました。


コツは、自分が「五歳児の自分」の理想の親になったつもりで、自分に接することです。

五歳児の大人は、親にないがしろにされたり、他人に利用されたりしているうちに、いつの間にか「悪いのは私」といったような自分責めをしがちになっていると思います。このままで大丈夫なの?と焦ったりもすると思います。けれど、あえてそれをやめるのです。

悪い(?)言い方をすれば自分を「甘やかす」のです。
すごく抵抗もあると思いますが、「批判は周りがしてくるのだから、自分くらいは自分の味方でいよう」と思えばいいと思います。

そうやって、自分の本心を大事にしているうちに、自然と人間関係も変わってゆきました。

それまで「なんか苦手だけど、でも…悪い人じゃないし」と付き合ってきた人たちとも自然と距離を置くように。最初はやっぱり怖かったですが、実際何も困らず、むしろ、悩む時間が減って快適。


新しい趣味や仕事を通して新しい友人もできましたので、嫌いな人から離れても何の問題もないのだな、というのが今の正直な気持ちです。


生きることが苦しくてどうしようもない、という状態から、ひたすら自分に向き合い、修正し、自分の希望にフィットした人生に近づきつつあります。

人生を変えるきっかけをくれた本書に感謝です。

この本以外にも、たくさんの本から学びました。

人生を変えるのにいろんなやり方があると思いますが、私にとっては本を読むことでした。

このブログ記事が誰かの役に立つといいな、と思っています。

「大人になりきれない人」の心理 | 加藤諦三著 | 書籍 | PHP研究所


広告