ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

「めんどくさい」の正体がわかれば対処法もわかる |感想『「めんどくさい」がなくなる脳』

忙しかった頃、何をするのも「めんどくさい」でした。
上司に仕事をふられれば「めんどくさい」、労働組合とか安全委員とか何かしらの係も「めんどくさい」、飲み会も「めんどくさい」、休日に出かけるのすら「めんどくさい」。

当時は尋常じゃなく疲れていたので、疲労感が「めんどくさい」として現れていたのだと思います。
その証拠に、生き方を変えたら「めんどくさい」の頻度は激減しました。

ですが、たまにエアポケットに落ちるような感覚の日があります。
ここのところずっと調子よく楽しく過ごしていたのに、なぜか「よくわからないけどめんどくさい」と感じる、そんな日がポコッとあるのです。
とりわけ、「ごはんを作るのがめんどくさくてめんどくさくて仕方がない」(汗)。

しかし、面倒だからと適当に食べていると、体調に響くようになってきたので、あまり手を抜きすぎるわけにもいかず…。

以前ほど頻繁にめんどくさいデーがあるわけでもないので、まぁいいか、とも思いますが、「めんどくさい」に頭が占有されている状態って、どうにも居心地が悪いので、下記の本を読んでみました。

加藤俊徳『「めんどくさい」がなくなる脳』SBクリエイティブ(2017)

「めんどくさい」がなくなる脳

「めんどくさい」がなくなる脳

 

 

 

どんな本?

発達脳科学・MRI画像診断を専門とするお医者さんが書かれた本です。

脳科学的に「めんどくさい」とは何か、を解説し、「どうしたらすぐ動けるようになるか」に答えています。

ポイントは「めんどくさい」の正体を明らかにして、きちんと取り扱うこと。

私の「ごはん作るのめんどくさい」問題を例にとりながら、解決策を考えていきたいと思います。


「めんどくさい」の正体

もともと、脳が持っている特徴として、次の四つが挙げられます。

●起動に時間がかかる
●一度休むと、起動にものすごいエネルギーがいる
●疲れているとき、眠いとき、不機嫌なときは処理能力が低下する
●新しいこと、苦手意識のあることの処理速度が落ちる

引用元:加藤俊徳『「めんどくさい」がなくなる脳』SBクリエイティブ(2017)P.003


つまり、本来の脳の性質を考えると、めんどくさいのは当然ということ!

「めんどくさい」を言い換えると、「これから脳に負担がかかりそうだぞ…」という危機メッセージ

どんなときに危機メッセージが発せられるか、というと大別して7つあります。

詳しくは本書をご覧いただくとして、私の「ごはん作るのめんどくさい」問題は、特に次のような場合に出るな、と思いました。

・「めんどくさい」が癖になっている(以前めんどくさいと思った記憶をひきずっている)とき
→私の場合は、比較的手のかかるものを作ったときの「○時間もかかってしまった…」という反省や疲労感から、「料理=めんどう」なイメージが定着してしまっている気がしました。

また、書きながら気づいたのですが、私はもともと食べることがあまり得意ではなく、おいしいものを食べたいという欲もあまりないので、料理に時間をかけるとなんだか損したような気分になるようです。
労力に対して見返りが少ないような気がする、というような感覚。これが「めんどくさい」につながっているかも。

・身体がつらい(疲れている)とき
→帰宅が遅くなったりして「急いでごはんを作らねば」という状況のときに「めんどくさい」が生じることが多いです。
結局、少し休んでからにしよう、と休むのですが、休んでいる間も「あーごはん作るのめんどくさいよう」とモヤモヤしてしまい、「めんどくさい」が加速。

・融通をきかせたり工夫しないといけないとき
→作る以前に、メニューを考えるのが面倒、というのもありそうです。
私は冷蔵庫にあるものでメニューを考える派(買い物の時点では考えておらず、とりあえず安い食材を買う)なので、作る以前に「考える」というプロセスがあります。

また、「いつも同じメニューではいけない」と思いつつも、つい似たようなものばかり作ってしまうので「あーあ、また代わり映えのないものを…」と思ってしまう→ますます作る気が失せてきます。

まとめてみると、私の場合は
①料理とは労力がかかるわりに、得られるものが少ないと考えている
②作業量や手順がきちんと把握できていない(不確定要素がある)

本質的にはこのあたりのことが、「めんどくさい」につながっているかな、と思いました。

対策を考えてみる

「ごはん作るのめんどくさい」を自分なりに分析するところまできました。
続いて、どう対策するか、本書を参考にしながら考えてみます。

①(労力のわりに…)については、おいしいものを食べるのが喜びの人であれば、食べたいものを作る、とか、少し高くても好きな調味料を買ってみるとか、やり方はありそうです。

ただ、私は「料理に労力をとられるのが悔しい」と思ってしまうタイプなので、いかに効率化するか、がキモでしょうか。
煮たり焼いたりするだけで済むもの(いわゆる加工食品)をうまく使うとか。
ただ、加工されているものよりも、生に近い状態のものを調理する方が、身体への負担は少ないと聞くので、加工食品ばかりでいいのかな、という迷いはなきにしもあらず。
とはいえ、別に「保存料けしからん!」というほどでもないので、あまり気にせずに使ってしまおうかな。
手間のかからない調理家電(ホットクックとか)を投入するという手もありかも。

本質的には、毎回の食事が身体を作っているのだということをもっと実感できるといいのですけどね。
食後すぐに効果が現れるわけではないので、つい「めんどくさい」が勝ってしまいます…。


②(作業量などが見えていない)については、本書に記載されていた方法が役立ちそうです。

それは、作業を始める前の10分で手順を見える化する、というもの。

脳は「すぐとりかかる」ことはハードルが高くても、「すぐ準備する」のは大して負担がかからないそうです。
だから、まずは準備する、と。
手順とかやることを書き出してみる、と。
やることが明確になると、行動の障壁が下がりますので、比較的スムーズにとりかかれそうです。

まとめると
対策① 効率化する(そのことを手抜きとかネガティブに思わなくてよい)
対策② 料理前にメニューやざっくりした手順を書き出す


やってみた

ひとまず、料理前にメニューを書き出してみました。
するとたしかに、ちょっと脳にスペースができたような感じがあります。

めんどくさくない、まではいかないですけど、「まぁ、やるか」くらいにはなります。

書き出したことによって、意思の力を使わずとも「これからこれをやります」と宣言したような気分になるので、脳自体も「やるんだなー」と素直に認識してくれているような感じがします。

もう少し続けてみて、効果が感じられればまた報告します。


その他 よかったところ

めんどくさがりは身体を動かすべし

めんどくさいと感じやすいということは、脳の前頭葉の働きが活発でない、ということ。

詳しい説明は本書をご覧いただくとして、前頭葉には運動系をはじめとする、アウトプット系脳番地が集まっています。
つまり、運動すれば前頭葉のあたりを刺激することになるのですね。

低覚醒(朝起きてぼんやりしている状態)のときに身体を動かすと、かなりの「めんどくさい」を減らせるそうです。
身体を動かすといっても、家の周りを歩いたりするだけで十分。

また、日中も隙あらば身体を動かすこと。
運動量が少ないと「めんどくさい」が顔を出してくるからです。


まさに私、朝弱いタイプでして…。
根性で起きることはできるので、遅刻などはしたことがありませんが、寝起きはかなり悪いほう。
気持ちよく目覚めるなんてほとんどなく、午前中は頭がぼんやり。

運動不足も身に覚えありまくりです。
以前ジムに通っていたのですが、少し遠くて時間がかかるのと、最近は寒いために億劫になって、サボってます…。

一応ちょっとした筋トレを毎日していますが、それだけでは不十分のようですね。

運動量を増やす、続ける、が当面の課題とわかりました。

健康には「食事・睡眠・運動」が必ず言われますが、やっぱり大事なんですね。

習慣化の記事を読みなおして、運動を続ける方法を検討してみようと思います。
まずは朝起きてすぐ青竹踏みでもしてみようかな。

 

www.shishimoto-yuima.work

 

 

おわりに

「めんどくさい」は脳のアラーム、大事なセンサーでもあります。

「めんどくさい」の正体を探り、ムダな「めんどくさい」を減らすと、大事な「めんどくさい」だけが残ります。

「これは注意したほうがいい」というセンサーに磨きがかかるというわけです。


「めんどくさい」の度に、「これを言い換えるとどういうことか?」と自分に問いかけ、ムダな「めんどくさい」を減らしていきたいと思いました(無理のない範囲で)。