ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

楽観的であることが大事なのかもしれない  |感想『考えないヒント』小山薫堂

本業が不明なほど多岐に渡って活躍されている小山薫堂さん。
メインは放送作家、でしょうかね。

以前読んだ本(『幸せの仕事術』)がおもしろかったので、こちらも読んでみました。

小山薫堂『考えないヒント アイデアはこうして生まれる』幻冬舎(2006)

 

 

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)

考えないヒント―アイデアはこうして生まれる (幻冬舎新書)

 

 

 小山さん曰く、考えたからといってアイディアが出るとは限らない、だからテクニックじゃなくて、アイディア体質になる必要がある、とのことでタイトルを『考えないヒント』としたそうです。


本書には小山さんが出したアイディアや仕事の実例などが出てきますが、よくもこんなにいろいろ思いつくなぁ、と素直に思いました。

しかもご本人、アイディアを出すという状況が全く苦しくないのだそうです。
私などはけっこうプレッシャーを感じてしまうほうなので、信じがたいのですが…。


アイディア体質になるための心構えとして大切なことがいくつも述べられています。

印象に残ったところでいえば、
・自分のアイディアにダメ出しをしない
・まだできない、ではなくて、もう降りてくると思うようにする
・いろんなことをたくさん経験する
・自分の選択をよしとする
・偶然力を鍛える

など。

いずれも納得なのですが、アイディア体質に一番必要なのは「面白いと思える能力」なんじゃないのかなー、と読んでいて思いました。

小山さんはそこが抜群に秀でている気がするのです。

常に「何か面白いことないかなー」と探してらっしゃるのですが、何かを「面白い」と思えるのって、ある意味才能なんじゃないかと、私は思うのです。
限られた範囲ならまだしも、広範囲で、となるとなおさら。

私でも「コレ面白い!」とか「これいい!」と思うことももちろんありますが、そうしょっちゅうあるかというと、そうでもない。

斜に構えていたり、冷めている人だと、何が目の前を過ぎようとも「ふーん」とか「で?」とかしか言わなかったりします。

このような冷めている人々(そう見えるだけで、もちろんピンポイントで情熱を持っていることもあるのですが)と接する機会が多かったので、何かを(しかも広範囲に)「面白い」と思えるって、すごいことだなーと思うのです。

「センス」の一言に集約されるのかもしれませんが。

f:id:shishi-book:20181108202407j:plain



もう一つ、本書を通して思ったのは、小山さんが異常にポジティブであること。

私なら激しく落ち込んでしまうような失敗、そんな失敗をしても小山さんはあまり失敗と思っておらず、「むしろそれが後の偶然的出来事につながった!ラッキー!」的な解釈をしておられるのです。

全方面に向けて肯定的というか。

このおおらかさもまた、心配性の私からすれば大いなる才能だと思うのです。
ポジティブがあってこそ、いろんな仕事を大量にこなせるのでしょう。

とはいえ、センスもおおらかさもすぐ身につくものではないし、一生つかないかもしれない。


当面、私に必要なのは、自分自身や自分のアイディア、選択にダメ出しをしない、かな、と思いました。

これがけっこう難しいんですけどね……。

考えないヒント アイデアはこうして生まれる | 株式会社 幻冬舎

 

――――――――――

仕事に関連する記事