ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

世界が変わる方法は一人一人の手元にある |感想『自分の仕事をつくる』西村佳哲

はじめに

「ふつうはこう」という激流に押し流されて会社員になった結果、早々に「しまった……」と後悔した二十代。

そのころから私の中で「仕事」は頭を悩ませるものでした。


仕事に限らず、世間的によしとされているものは選びやすい。
親や親戚も喜ぶし、「世間」から後ろ指をさされることもない。

だからといって、世間的に良しとされているものが自分にフィットするかというと、そうとも限らないのが難しいところです。


三十歳手前で会社員を辞め、休み、フリーになり、少し道が開けてきたとはいえ、いまだに手探りの部分もある状態の私。


そんなとき、旅行先で発見した本がすごく良かったので感想を記します。

西村佳哲『自分の仕事をつくる(ちくま文庫)』筑摩書房(2009)

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

自分の仕事をつくる (ちくま文庫)

 

 

 


2003年に晶文社から単行本で出版され、2009年に筑摩書房から文庫化。2018年1月時点で第十九刷ですから、ロングセラーですね。

普段よく行く書店では見かけなかった(これだけ売れているのだから、在庫検索すればあるのでしょうけど)ので、旅先ならではの出会いだといえるかもしれません。

 

どんな本?

著者さんは自称、働き方研究家(プランニングディレクターとしても活躍、美術大学などでも授業を持っている方です)。

30歳のときに会社を辞め、働き方について調べるようになったそう。
「いいモノをつくっている人は、働き方からして違うはずだ」との考えのもと、いくつもの仕事場を訪ね、見聞きし、考えたことがまとめられているのが本書です。


訪問先としては、デザインやモノづくりに関わっている人がメイン。

もちろん、その分野以外の人にも参考になる部分はたくさんあると思います。
が、個人的には、やはりモノづくりに関わる人(プロでも趣味でも)に最適の一冊だと思います。


まえがきが素晴らしい

デザイナー、建築家、パン職人、それぞれの「働き方」も参考になることが多々あるのですが、私が一番感銘を受けたのはまえがき。

著者はまず、なぜ一流の工芸品や、一流スポーツ選手のプレイに感動したりするのかという問いを投げかけてきます。

それに対して次のように考えています。

 人間は「あなたは大切な存在で、生きている価値がある」というメッセージを、つねに探し求めている生き物だと思う。そして、それが足りなくなると、どんどん元気がなくなり、時には精神のバランスを崩してしまう。
「こんなものでいい」と思いながらつくられたものは、それを手にする人の存在を否定する。

引用元:
西村佳哲『自分の仕事をつくる(ちくま文庫)』筑摩書房(2009)p.10-11


一流のモノ・コトに感動することを通して、私たちは生きている価値を感ずる、と私は解釈しました。

というのも、昨年こんな経験をしたから。

好きなバンドのライブに行ったとき、とてつもなく感動して、誇張でなく本心から「あー、生きててよかった」と思ったのです。

同時に、むくむくとやる気が湧いてきて「あー、私もがんばろう」とも思いました(普段わりと厭世的なのに)。


一方で、もしも「こんなもんでいいでしょ」という姿勢が透けて見えたりしたら、どんなに好きなバンドやアーティストでも、次第に魅力が薄れていってしまうような気がします(幸い、経験はないですが)。


努力したからといって、時間をかけたからといって、必ずしも一流を生み出せるわけではありませんが、だからこそせめて「こんなもんで……」はなるべく避けたいと思うのです。


しかし、現代社会では効率が重視されているので、なかなか難しいと思います。

時間がタイトなので、「不本意だけど仕方ない……」ということも現実的には多いと思います。
実際のところ、かなり芸術寄りの自由度の高い仕事でないと、こだわってなどいられないでしょう。


自分の意思はどこかに置いて、目の前のことをとにかく納期までにこなす。
それがスムーズにできれば、有能と評価されることも多いです。

しかし、そのような働き方をしていると、だんだんモヤモヤしてくることもありますよね(少なくとも私はそうでした)。

自分よりも、自分から切り離された「アウトプット」だけが求められているような。
自分に、ではなくて、「アウトプット」にだけ価値があるような。
それってロボットと何が違うんだろう。
自分がもぬけの殻になってしまったような……。

考え出すと、虚しさが押し寄せてくる。


著者もこのように述べています。

人々が自分の仕事をとおして、自分たち自身を傷つけ、目に見えないボディブローを効かせ合うような悪循環が、長く重ねられている気がしてならない。

引用元:西村佳哲『自分の仕事をつくる(ちくま文庫)』筑摩書房(2009)p.11

 
自分の経験や、周囲の生き方を考慮しても、その通りだと思います。

しかし、逆の見方もできる。
つまり、自分自身を傷つけないような働き方をすればよいわけです。

 

この世界は一人一人の小さな「仕事」の累積なのだから、世界が変わる方法はどこか余所にではなく、じつは一人一人の手元にある。

引用元:西村佳哲『自分の仕事をつくる(ちくま文庫)』筑摩書房(2009)p.11

 
ではなぜ「自分自身を傷つけないような働き方」ができないのか。

 

いいモノを作っている人は働き方が違う

詳細は本書をご覧いただくとして、著者は「いいモノを作っている人は、働き方からして違う」という答えにたどり着きます。


いいモノを作っている人は、普通のやり方とは異なる仕事の進め方・働き方を採用している。

本書でいう「やり方が違う」ということを言い換えると、「その人でないとできないやり方をしている」ということになるかと思います。
そのやり方を他人が真似したからといって、機能するとは限らない。
一見、独特のクセとか弱点とかも含まれているのだけれど、それすらも取り柄となって働き、結果に結びついている、ということ。


もう一つ、いいモノを作る人々に共通すること。
仕事を「他人事」とせず、「自分事」としていること。
言い換えると「させられ感」がないということなのかな、と思いました。

私など、会社員をしていた頃は「させられ感」の塊でした。
嫌だけど、仕事だからやるしかない、という気持ちです。

そういう気持ちで仕事をしている人は結構多いと思います。
それが必ずしも悪いわけではないと思いますが、「させられ感」でする仕事よりも「自分がしたいからする」仕事の方が、はるかに成果が出やすいのは確かだと思います。


組織に所属していると特に、やりたくない仕事もせざるを得ないですから、「させられ感」が出るのは仕方ないですが、それを「自分事」とするために、なにかしらの工夫が必要なのでしょう。

考え方かもしれないし、あるいはもっと具体的な工夫なのかもしれません。


こんなことを言ってしまうと、元も子もないのかもしれませんが、仕事を「自分事」とする根本的な方法の一つは、「自分がやりたいことをやる」なのかな、と私は思ったのでした。

f:id:shishi-book:20181108201736j:plain


おわりに

本書は実用書ではないので、必ずしも「わかりやすい答え」が得られるわけではないかもしれません。

いろんな方の働き方のエピソードを読みながら、「これは良さそうだな」とか「こういう考え方もあるのか」とか思いながら、自分はどうしたいのか、を考えることにこの本の目的があるのだと思います。

一人一人が働き方について考え、工夫し、めいめいの「いい仕事」を手がけてゆくことで、社会全体が確かな質をともないながら、変わってゆくだろう。

引用元:西村佳哲『自分の仕事をつくる(ちくま文庫)』筑摩書房(2009)p.277

 

旅行先で購入したということもあって、忘れられない一冊になりました。

これから何回も読み直していきたいと思っています。


続編として、『自分をいかして生きる』という本もあるようです。
読んでみよう。

 

自分をいかして生きる (ちくま文庫)

自分をいかして生きる (ちくま文庫)

 

 



――――――――――

仕事に関連する記事