足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

踏み出せないときは「ダメだったら改善すればいい」

移転しました。自動で切り替わります。3秒お待ちください。

ずっと、読書ブログを書こうかな、と思っていたものの、いかんせんなかなか行動できずにいました。

読まれるかもわからないし、万が一炎上したら怖いし、著作権とかもよくわからないし……。

そんなとき、『「今すぐ」やれば幸運体質!』という本読んだら、やる気が出てきて、当ブログを開設できました。

高嶋美里著『「今すぐ」やれば幸運体質!』(同文館出版)
 

「今すぐ」やれば幸運体質! -すべてが一気に好転しはじめる「たったひとつの習慣」- (DO BOOKS)

「今すぐ」やれば幸運体質! -すべてが一気に好転しはじめる「たったひとつの習慣」- (DO BOOKS)

  • 作者: 高嶋美里
  • 出版社/メーカー: 同文館出版
  • 発売日: 2012/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 16回
  • この商品を含むブログを見る
 

どんな本?

キーポイントはこれ。

私がやってきたことは実にシンプルで、ただ単に一つひとつの行動を、「今すぐやる!」ということを繰り返してきただけに過ぎません。

引用元:高嶋美里『「今すぐ」やれば幸運体質!』(同文館出版・2012)P.3


 「でも……」とやらない理由を探してしまうときにはこれ。

こうやってみたらどうか、ああしてみよう、などとおもいついたことをすぐに実行に移し、ダメだったことはすぐに改善していった。

引用元:高嶋美里『「今すぐ」やれば幸運体質!』(同文館出版・2012)P.20


この一文を読書ノートにメモしてようやく、「そうか、ダメなら改善すればいいのか」と当たり前のことに気づいた私。

行動に移す前から「○○だったらどうしよう」「あれも配慮しなくちゃ」「もっとちゃんとしなくちゃ」が渦巻いていて、

「諸々条件が整ったら、やろう」
  ↓
何もやらない。

これではいつまで経っても何も生み出さないことを実感しているので「やってダメなら改善していこう」と意識しようと思うのでした。

「まずやってみる」の第一弾がこのブログの開設です。

f:id:shishi-book:20181029225819j:plain


立ち止まりそうなときに役立つ考え方

「今すぐやる!」といっても、やっぱり失敗が怖くて踏み出せないことはありますよね。

そんなときはどう考えたらいいのでしょうか。

失敗しても何も残らないわけではない、経験は蓄積される

さまざまなことを経験して、索引にたくさんの事例があったほうが、より正しい判断が下せる、ということになります。

引用元:高嶋美里『「今すぐ」やれば幸運体質!』(同文館出版・2012)P.44


最適な判断をするために、様々な経験をためておく。
経験値アップのため、常に新しい体験をしていくとよい、というわけです。


自分自身を振り返ってみても、若い頃よりも今の方が圧倒的に生きやすく、それはいろんな経験をしたり、知恵をつけたからなのだろうと思います。

新しい体験に踏み出すのを躊躇するときには、「経験データ蓄積するぞ」と思い出して恐怖を和げていきたい、と思いました。

失敗したとしても、自分のなかに知見は蓄積されていくのだから、全く無駄ではないんですよね。


人と違うことをやるのが怖い場合の考え方

失敗以外にも「はみ出すこと」が怖い、ということもありますよね。

「同調」の圧力が強い日本では、「人と違っていること」はそれだけで攻撃対象になってしまうことがあります。

なぜ「はみ出すこと」に抵抗を持ってしまうのか、本書から気づきがありましたので、次の記事にまとめます。

>>>刷り込まれた価値観は歩を止めることがある



おわりに

何かしらの成果を出している人や、人生を楽しんでいる人って、行動力が高い傾向があると感じます。

一生に関わるようなことであれば別ですが、日常のちょっとしたことはサクサク行動したいと改めて思います。

読んでいると、著者の「スピード感」が伝わってくる本でした。
いつも迷いがあって行動できないタイプの方にはおすすめです。

関連記事