ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

捨てるのはレシートでもOK |感想『1日1つ、手放すだけ 好きなモノとすっきり暮らす』みしぇる

 

私の母は、典型的な「片付けらない人」でした。

幸か不幸か、私は一応は片付けられるタイプなので、汚部屋は子供ながらにストレスでストレスで。

片付けてもそれ以上の速度で散らかるときの無力感……。

洗ったものも洗わないものも一緒くたにされた衣類の山の中から、その日学校に着ていく洋服を引っ張りだすとき、なんとも言えぬ虚しさを感じたものです。


高校生になって転居し、自室が与えられたときは本当に開放された気分でした。

ああ、これで、素敵な空間で生活できる。


と思ったのも束の間、汚部屋になることはないけれど、どうもゴチャゴチャしている。
だから棚を買って、そこに収納してみたり。
その時は一旦すっきりするのですが、気付くとまた新しい収納が必要になっている。

増え続ける収納。むーん。

とはいえ、汚部屋に比べれば全然快適なので「まぁこんなものか」と思い、暮らしていました。



転機の一つは、就職後に会社の寮に入ることになったときかもしれません。

布団+単身パックのカートに収まる量だけ持参しました。
足りないものは必要に応じて買い揃えればいいやと思って。


そしたら、単身パック分の荷物でほとんど不自由なく生活できてしまったのです。
しかも、物が少ない分、散らからないし、実に快適でした。
クローゼットの空間を見て「ああ、まだこんなに空いてる」と思うとすがすがしい。


そこで、はっきり実感したことが(うすうすは気づいていた)

片付けられないことの本質的原因は物が多いからだ」ということ。


実際、片付けられない人代表の母は捨てることが苦手でした。

もったいないから、とかそういう思考があるのではなく、とにかく捨てること自体が面倒なタイプの人。
だからゴミすらもあまり捨てようとしません。
面倒ごとはなるべく先延ばしにしようとします。
それが汚部屋の原因でした。


捨てることはできるのだけれど……

捨てることが片づけの本質だと気付いてから、引越しなどのタイミングで猛烈に捨てるようになった私。

ですが、やっぱり時間とともに増えてゆく物たち。
それらが収納しきれずに部屋のあちこちに住まうようになる。
常に雑貨やら何やらが視界に入るようになるわけで。
この状態がある程度の期間続くと「うあー、片付けたい!」となります。

結局のところ「捨て期」→「たまる期」→「モヤモヤ期」→「捨て期」→「たまる期」……を延々と繰り返している。

そろそろ根本的に解決したい今日この頃。

 

1日1捨て!

去年の秋ごろにも「捨てたい期」に突入し、いろいろ捨てたものの、停滞期とでもいうのでしょうか、捨てられるものはおおかた捨てた、けれども部屋がスッキリしきらない、という状態に陥りました。

そこで断捨離やらミニマリストやらの本を五冊くらい読みました。

まず手に取ったのがこちら。


みしぇる『1日1つ、手放すだけ。好きなものとスッキリ暮らす』(マイナビ出版・2017)

 

1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす

1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす

 

 

 


まずタイトルが魅力的ですね。
「捨て」が停滞していても「1日1つなら…」と思えますから。

やり方はとても簡単で、「これは不要」というモノを1日に1つ捨てるだけ。捨てるモノが何も見つからない日は、財布のレシートでもOkです。

引用元:みしぇる『1日1つ、手放すだけ 好きなモノとすっきり暮らす』マイナビ出版(2017)p.14


財布のレシートでもOK。これは目から鱗でした。

1日に1つ捨てていけば1年で365個減らせる、これは単純明快なことですが、意外と続けられないのですよね。

レシート1枚でOK、これくらいのハードルの低さでないと、すぐ息詰まってしまいます。


(参考:続けることに関する参考記事)

 

手放したら記録する

そして、結構有効だと思ったのが、「手放したら記録する」こと!

ギブアップを防ぐため、私は捨てたモノをスケジュール帳やノートに記してみました。簡単なイラストも添えたところ、パッと見て捨てたモノをイメージすることができ、「手放した感」を強く持つことができました。毎回捨てるものを写真に撮って残すのもおすすめ。私は、その写真をブログで公開して人に見てもらい、モチベーションを高めました。

引用元:みしぇる『1日1つ、手放すだけ 好きなモノとすっきり暮らす』マイナビ出版(2017)p.50


私も早速、捨てるモノの写真を撮り始めました。

捨て活フォルダを作って、捨てたモノの写真をまとめておき、たまに見返すと「こんなに捨てたかぁ!」と達成感が得られます。


今までは「たくさん捨てたはずなのに、まだモノがいっぱいある……なんか終わりが見えなくて疲れた」と思いがちでしたが、「順調に捨てているし、ちょっとずつスッキリしているぞ」と前向きに捉えることができるようになりました。


サボる日もありますが、「レシート一枚でもよいのだから」と思ったり、捨て記録を見ていると、やる気がでてきて、一応続いています。


オータムクリーニング

もう一つマネしたいのが、オータムクリーニング。

我が家では晴れる日が多く水温もあたたかな10月に1週間ほどをかけて大掃除を行います。とはいえ、いつもの掃除よりも5分10分念入りにする程度。
(中略)
大掃除のついでに、収納の中に使っていないモノはないか、昨年は取っておいたけど今年は執着がなくなっているモノはないかと、総点検。しまい込んだモノは、こんな機会でもないと見直すことがありません。

引用元:みしぇる『1日1つ、手放すだけ 好きなモノとすっきり暮らす』マイナビ出版(2017)p.54


こういった総点検の機会を作らないと、いつの間にかモノがたまるのですよね。

秋に実施する、というのがいいなぁと思いました。
夏は暑いし、冬は寒くてやる気が起こりにくいので。
春でも良いけど、春はウキウキして気分が外に向くので、自分に向き合うような作業は秋が向いている気がします。

モノが多いうちはこの総点検も億劫ですが、1日1捨てを継続してモノが減っていったら、サクッとできるようになるのでしょうね。

来秋にはこのオータムクリーニングが気軽にできるくらいになっているといいなぁ、と思っています。

f:id:shishi-book:20181105230503j:plain

おわりに

本書では、モノが少ない状態をキープするための考え方やコツがたくさん紹介されています。

捨てること自体が難しいという方にも、どこから取り組んだらよいか、捨てやすいものは何か、などが紹介されています。

実際に1日1捨てに取り組んだ方々の記録も、写真つきで載っていますので、眺めていると捨てに対するモチベーションが上がります。

モノだけでなく、不要な思考を手放すことについての記述もあります。

私はこの本を購入後、そのままカフェに行ってコーヒーを飲みながら眺めたのですが、とてもいい気分になりました!

1日1つ、手放すだけ。好きなモノとスッキリ暮らす | マイナビブックス

 

後日談(実践してみた)

記事を書いてから、しばらく1日1捨てを実行できていました。

そのおかげで、明らかに不要なものは処分でき、(えーと、他に捨てるものないかなー)と探すくらいにはなりました。

が、甘ちゃんの私はそこで満足してしまったのです。

(しばらくは捨てをお休みしてもいいか)

こんな甘えが出た結果、最近またモノが増えてきてしまいました。


記事を書いた時点では、今頃(現在10月末)オータムクリーニングをやっている予定だったのに、とてもオータムクリーニングどころではない(汗)

というわけで、また1日1捨てを再開します。


――――――――――
捨てることや、ミニマリストの関連記事

ノート術の本ですが、著者がミニマリストの方なので、参考になるところもあるかと思います。


広告