足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

「うちの母、なんかおかしい?」と思ったら6タイプの「重い母」に該当するかチェック

母に関する悩み解消への第一歩は、母を客観視すること

「うちのお母さん、なんかおかしくない?」
私が子どもの頃からなんとなく感じていたことです。

しかし、それと同時に
「いや、でも、お母さんは私のためにすべてのことをやってくれている(と母は主張している)のだし……おかしいとか言ったら気の毒なのかな……」
という思いが湧いてきて、母のことを客観視することがなかなかできませんでした。

今の私が当時の私に声をかけるとしたら「いやいや、母が気の毒とか言ってないで、さっさと現実を見て。あなた(昔の私)のほうがよっぽど気の毒だよ」ですね。

とはいえ、「母を客観視」といっても、たくさんの母親像を傍で見ているわけでないので、自分の母がズレているのかどうか判断がつかなかったのですよね。

とりわけ、親に支配されてきた人は「あんたがおかしい!」などと日常的に言われ、ある意味洗脳されていますからね。

そういう方のために、信田さよ子氏の『母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き』では「重い母」を6タイプに分類しています。

【1】独裁者としての母ー従者としての娘
【2】殉教者としての母ー永遠の罪悪感にさいなまれる娘
【3】同志としての母ー絆から離脱不能な娘
【4】騎手としての母ー代理走者としての娘
【5】嫉妬する母―芽を摘まれる娘
【6】スポンサーとしての母ー自立を奪われる娘

信田さよ子『母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き』春秋社(2008)

「うちのお母さん、これだ!」となれば、「私が間違っているのかも? 私がひどいのかも?」疑惑から少し解き放たれるのでは、と思います。
母娘関係の悩み解消に向けての第一歩となるわけですね。

各タイプについて詳しくみていきましょう。
(私自身の思考整理のため、少し省略したり、言い換えたりしています。正しい記述は本書でご確認ください)


広告  

重い母 6タイプ

f:id:shishi-book:20210119192341p:plain

重い母 6タイプ

独裁者タイプ

「独裁者」と聞くと、強権的なイメージですが、必ずしも声を荒げたりするとは限りません。弱さを前面に出して、周囲をコントロールするタイプの母です。

具体的な特徴としては、母の言う通りにしないと、不機嫌になる、家事をしなくなるなどですね。

私の母もこの傾向が大ありでして、言う通りにしないと夜中まで怒っていたり、明らかにむくれたり、私を無視したりするような人でした。

しかも、高校生くらいまで母と同室だったので、不機嫌をまき散らされると、何にも集中できず、とても堪えました。
何かすべきこと・やりたいことに着手するその前に、まず母の機嫌を取るという作業をしなくてはいけないからです。

つまり、日常を送るには母の言う通りにする以外の選択肢が現実的に存在しないわけですね。現実的な「独裁者」です。

殉教者タイプ

「お母さんは自分のことは全部犠牲にして家族のために我慢してきたの」などと言うタイプですね。

私の母も「お母さんは髪振り乱してあんたを育ててやったんだからね」「あんたのために離婚しないであげたんだからね」などが決まり文句。

「全部我慢してきた」という母に対して、「好きにやればよかったじゃない」などと言おうものなら「アンタのためを思って必死でやってきたのに! 私の人生何だったの!?」と泣くフリをしたり、「そんな子に育てた覚えはない!!!」などと大騒ぎになるので、飲み込むしかありません。

同志タイプ

同志タイプとして一番わかりやすいのは「中学受験を一緒に乗り越える母」のイメージでしょうか。
塾の送迎、健康管理、模試の付き添い、間違えたところノートをつくるなど、まさに「同志」な母。

母の細やかなサポートによって確かに結果は得られたりするので、むげにできないところが厄介でしょうね。

「あくまで娘の意志を尊重している」風を装い、しかも、年齢に応じて「指揮官」から「伴走者」にうまいことシフトしていくので、気づきにくいタイプなのでは、と思います。

騎手タイプ

騎手タイプは同志タイプの巧妙版

同志タイプは母自身も労力を割いているのですが、騎手タイプの母は何もせず、ただただ成果だけをかすめ取っていきます。

私の母の例でいうと、私が何か結果を出したり、褒められたときなどは「お母さんの育て方が良かったのよ」「小さい頃から〇〇を習わせてやったんだから」とドヤ顔でしたね(同級生のお母さんたちにも自慢しまくっていた)。

その一方で、私が何か不得意なことがあると「あんたはお父さんに似て鈍いんだから」などとディスってくるのですね。

あらゆる事柄において、「良いこと→母のおかげ、悪いこと→娘本人(あるいは父)のせい」という構造が母の世界では疑いもなく成り立っているんです。

自分は努力してもかなわなかった高校での好成績、自分には望むこともできなかった医学部進学、一度も経験したことのない模試の成績上位ランクイン。娘がそれらを達成するたびに、彼女たちは有頂天になる。まるで人生を生き直すかのような、めくるめく快感を味わうに違いない。しかしその快感は、ある地点で満たされて「これでいい」というゴールにたどりつくわけではない。どこかとどまることを知らない車輪の回転のように、もっともっとと快感をむさぼり続ける。
信田さよ子『母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き』春秋社(2008)P.107-108

まさにコレでしたね。

嫉妬タイプ

娘の若さや美しさ、あるいは社会的達成に対して嫉妬するタイプです。

私の母の例でいうと、母はかなり太っていて容姿コンプレックスをこじらせていたので、私に対して「いいよね、あんたは(+ため息)」「お母さんがあんたをスタイルよく生んでやったのよ」というのが口癖でした。
「スタイルよく生んでやった」と言う割には、私が女性らしい格好をしたりすると「色気づいて気持ちがわるい」と言うのも定番でした。

このように、若さ・美しさへの嫉妬に関しては想像がつきやすいですが、社会的達成への嫉妬のほうがはるかに大きいと著者はいいます。

母たちが若かった頃は、男尊女卑がまだまだ蔓延っていた(まあ、いまも暗黙的にはありますが)ので、就職や進学で明らかな差別を経験しています。
だからこそ、娘がやすやすと大学に進学したり、一流企業でバリバリ働いているのを見ると、「私は許されなかったのにずるい」と嫉妬してしまうようです。

スポンサータイプ

何もかも先回りして援助したり、与えるタイプの母。
一見、面倒見がいいようにも見えるのですが、娘の自立を阻むタイプです。

娘自身が「これが欲しい」「こうしたい」と自覚するまえに与えてくるので、「こうしたい」という欲求を自覚できなくなってしまうんですね。
知らず知らずのうちに、娘を無力化していきます。

私の伯母(母の姉)はこのタイプです。
伯母には子どもがいないので、私の母が伯母の「娘」ポジションに相当しています。

ぱっと見は、「世話焼きの姉とダメな妹」というふうに見えるのですが、「無意識のうちに伯母は母をスポイル(台無しに)したのだな」と最近はわかるようになりました。

私の母は、末っ子で、子どもの頃から「ちょっと足りない子」と言われていたこともあり、伯母があれこれと世話を焼いてきたようです(祖母は寝てばかりいて母の面倒をあまり見なかった模様)。

その結果、母には「自力でなんとかする」という概念がこれっぽっちもなく、常に人に頼らないと生きていけない人です(着ていく洋服さえも自分で決められないレベル)。

「自分で問題を解決する」という概念自体がないので、何か問題が起こるとそれはすなわち「周りが悪い」ということになり、「誰かがなんとかする話であり、自分は無関係」という開き直った態度になってしまいます。


また、伯母のスポンサー気質は私にも向けられました。
小さい頃は助かる場面も多々あった(母が気が回らない人なので)のですが、成人してからは「ありがた迷惑」になってしまいましたね……。

私の趣味に合わぬ服やカバンを送ってくるので、やんわり「自分で選びたい」とにおわせると「若い人はこれを持つべき!」と強く押し付けてんですよね。
そこで「えー」とか言おうものなら「これが趣味じゃないなんて、あんたの感性がおかしい!」となるんです。
伯母からすれば「私(伯母)の善意を受け取れないというのか!(=私(伯母)を否定するというのか!)」ってことなんだろうと思うんですが。

しかも、それらはたいてい高価なもので、勝手に買っては「お金がない、かしてくれ」と言ってくるのでもう訳がわからなかったです。

趣味でないバッグをリサイクルショップにこっそり持参し、自分が貸したうちの30000円が300円になった(当時はメルカリなどもなかったので)とき、どうしようもない絶望感に襲われましたね(断れなかった私も悪いのですが)。

スポンサータイプは、やる気も行動力もあり、「圧」も強いので、なかなか侮れない存在です。
しかも、外から見れば「面倒見のいい親切な人」にも見えるので、他の人に理解してもらうのも難しいと思います。


広告  

いろんなタイプが混在していることも

上に書いたように、私の母の場合、独裁・殉教・騎手・嫉妬タイプが混合していました。

同志タイプとスポンサータイプも「おかまいなしに与えてくる」「先回り感がすごい」ところが似ていますよね。

どのタイプも、娘からすると「うわー……」となってしまいます。

では、どうしてこんな「重い母」が生じてしまったのでしょうか。

引き続き『母が重くてたまらない』を参考に次の記事で考えてみたいと思います。
>>>娘にのしかかる「重い母」はいかにしてつくられたか



参考文献

母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き

母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き

 

 


広告