足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【体験記】クラス替えの結果に文句をつけられる&「先生の機嫌とってこい」【母と絶縁するまでのこと】

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。

クラス替えで「1組」や、学年主任の先生のクラスにならないと母の機嫌が悪かった話です。
「私にできることはもう全てやっていて、これ以上はどうしようもない」という状態で文句をつけられるのは、徒労感というか、げんなりしました。

- - - - - - - - - - 
広告

 



クラス替えの結果に文句つけられるの、しんどい

日本理化学 すこしおおきな黒板 A3 SBG-L-GR 緑

通っていた中学校では、毎年クラス替えがありました。

私の母はクラス替えのシステムに関して
・「成績が一番なら1組」
・「先生が欲しい子を取っていくシステムでクラスが決まる」
と思い込んでいました(※実際は不明)。

たしかに元教員の方のサイトなどを調べてみると、まずはざっくりと成績で振り分ける学校は多いようです。
ですが、それはあくまでたたき台であり、人間関係やリーダーシップ、ピアノが弾けるかどうかなどを見ながら調整していくようです。

私の実感で振り返ってみても「点数的には1番だったはず(→具体的な順位は発表されなくても、成績分布のグラフでわかることがある)だけど、〇組だったな」ということもありましたし、かならずしも「成績順のみ」というわけでもなかったのではと思います(公立でしたので)。

しかし母は、クラス替えで私が1組以外になると、必ず「あーあ、あんた一番じゃなかったんだね」とグチグチねちねちと文句をつけられました。

「なんで1組じゃなかったのよ?」と恨みがましく聞かれても、私にもわかりません。

あるいは、学年主任など、権力のありそうな(?)先生のクラスでないと、「なんであの先生に取ってもらえなかったのよっ」とも責められました。

勉強面でも、生活態度の面でも、すでに100%頑張っているつもりだった私には、これがとてもきつかったのです。

成績順だったとしても、微調整で変更になったかもしれないじゃない。
先生がお気に入りの子をとるシステムだったとしても、相性もあるんだし先生の都合もあるんだから、どうしようもないじゃない……

私にどうしようもできないことで文句言わないでよ……
これ以上、何をどう頑張れって言うの……


と泣き出しそうな気持ちでした。

先生の機嫌とってこい

元重製陶所 すり鉢 黒 マット 11cm 国産 石見焼 もとしげ (すりこぎ付)

学年主任の先生のクラスにならなかったとき、母はこう言いました。

先生の機嫌くらいとらないでどうする。
ゴマすってきなさい。

なんかもう、悲しくて空しくて……。

今だったら「そんなんスルーすればいいのに」と思えるのですが、当時は「母の言いなりシステム」が起動してしまっていました。

先生にゴマするって言ったって……。
もう十分「いい子」として生活しているのに。
なんかヤダな……

と思いつつも、後日、私はその学年主任の先生の機嫌を取りに行ってしまいました。

「先生のクラスがよかったですー」なんて言いつつも、心の中では「私……なにやってんだろ」という白けた気持ちでいっぱい。
顔にもそう書いてあったでしょう。

そもそも、何百人もの中学生を見てきた先生なのですから、ゴマすってんな、というのはバレバレだったと思います。

先生は表面上は調子を合わせてくれましたが、ものすごく変な空気が流れました。
自業自得ですが、「ほんと私何やってるんだ」と反省しました。

【親を反面教師に】

この時点で「あいつ(母)の言うこと聞いてたらロクなことにならないから自分で考えよう」と決意できたらよかったのですが。

母と同室だったので、何かを考える前に、母の考えが入ってきてしまっていました。

母と同じ部屋で過ごさねばならなかったことに関しては、正直、父にもう少し配慮してもらいたかったところです。

まあ、自宅のことはどうしようもないので、せめて「学校の図書館で勉強する」と言って、なるべく遅い時間に帰るとかすればよかったと思います。

いや、しかし、帰りが遅いと学校に電話してしまうような母なので……それも難しかったんですよね……。

どうしようもなかったな笑

せめてこれからは、「ヤバい人の言いなりになっていると、自分もヤバい人とみなされてしまう」というのを教訓として、冷静に自分の頭で考えていこうと思います。

ほかの記事

機能不全家族体験談 一覧>>>私はいかにしてアダルトチルドレンになっていったのか 【体験談】

 

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告