足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

【母への不信感①】劣等感が強すぎて見栄を張らずには生きていけない【母と絶縁するまでのこと】

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。

一時期は「とにかく母のことが嫌い」という感情が突出していて、具体的にどこがどう苦手なのか、きちんと言語化できていなかったのですが、

つらかったこと、かなしかったことを一つずつ取り出して眺めていると、母という人間の輪郭がハッキリと浮かび上がってきました。

だからといって、母を許せるわけではありませんが、「仕方なかったんだな」と思う部分も出てきて、自分なりに整理がつくようになってきました。

本記事では、のちのち様々な問題を引き起こす、母の基本性質、行動様式について分析しています。

(記事作成日2021/3/24)

広告- - - - - - - - - -

 



劣等感が強すぎるため見栄を張らずには生きていけない母

f:id:shishi-book:20210324233555p:plain


母は幼い頃から太っていたらしく、体型をとても気にしていました。

さらに、注意力散漫というか、不注意が過ぎるようなところがあり(最近の概念でいえば、ADHD的な傾向)、得意なこともない。

祖母からは放置ぎみ、姉妹からも見下されていたようなふしがあります。

こうして形成された母の劣等感は、母の行動様式に大きく影響しました。

常に自分を良いように見せる、つまり、見栄を張っていないと、生きていけなくなってしまったらしいのです。

年齢サバ読み、学歴を良いように見せかける、良いとこの奥さん風を装う、場当たり的な嘘をつく、などは息をするかの如くやっていました。

_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
広告  

年齢のサバ読み

母は結婚当時30をとうに過ぎていましたが、結婚式のプロフィール紹介の時、10歳くらい年齢をごまかして発表したそうです。

最近では30代半ばでの初婚なんて、珍しくないしなんとも思いませんが、母の世代の人々は結婚が早かったという時代背景もあるのでしょう。
母にとっては「若いうちに嫁に行けなかった自分=恥」だったようです。

しかし、父にしてみれば、事前に何の相談もなかったため、式の最中にギョッとしてしまったようです。

寛容な人であれば、「まあ、本人は気にしているから仕方ないか」くらいに思えるのでしょうけど、父にとっては不信感を抱かざるを得ないことだったようです。

しかし母にとっては、父がどう思うかよりも、年齢へのこだわりのほうが強かったんですね。

母は私にさえも実年齢を明かしませんでしたから(後に書類などでわかりましたが)。

とりわけ私が幼い頃は、年齢の話題(干支のことなどを含めて)になると、母は、この世の終わりかというくらい不機嫌になりましたね。

あからさまにムクれたような顔で私を睨みつけ、ぶるんぶるんと顔を横に振るのです(これ以上聞くな、の意)。

子どもとしては、母親が歳をとっていることなんかよりも、不機嫌なことのほうがよっぽど辛いのにね。

この年齢のサバ読み癖、母は50~60代になってもやめませんでした。
パート先で実年齢を書きたくがないあまり、上司の人に取り入って、「正式書類のみ実年齢で、同僚には10歳サバ読み」みたいなことをやっていました。

そのほうがよっぽど労力かかると思うのですが……。

学歴もふんわり偽装する

「娘さんが優秀だから、お母さんもきっと優秀なんでしょう」
母にとってこの言葉は、喉から手が出るほど欲しいものでした。

その一方で、「お母さんはどこの(学校)のご出身?」と具体的に聞かれるのは困るわけです(私にも、一切教えてくれませんでした)。

正直に言うと失望されると思ったのか、母は「いやあ、私は行きたいところがあったのだけど、母(=祖母)があんたはお嬢さん学校が向いてる、って言うものだから……おほほ」などと誤魔化します。

たいていの人はここで「(なんかおかしいけど)へえ、そうなんですね」で終わりますが、ちょっと詳しい人だと「〇〇県でお嬢様学校って言うと、〇〇高校あたりですか?」などと聞いてこられるんですね。

全然違うのに、それでもなお「いやぁ……まぁ……そんな感じかしら……おほほ」という感じで、なんとなーく肯定するんですよ(ハッキリ肯定しないのは、もしも嘘がバレたときに、「相手が勝手に勘違いした」という言い訳を用意している)。

それほど劣等感が強いことは気の毒ですが、子どもながらに「なんかうちのお母さん、嘘ばっかりついてて嫌だな、、、」と思っていました。

「ええとこの奥さん」風を装う

私が物心ついたとき、両親の仲はすでに破綻していました。

なのに母は、円満どころか、「良い家(家柄がいい、上品、生活に余裕がある)の奥さん風」に装っていました。

たとえば、クレジットカード(しかもリボ払い)で支払うとき、わざわざ店員さんに向かって「支払いは全部主人がしてくれるから、おほほ」みたいなことをよく言っていました。

店員さんも仕事ですから「まぁ、良いですねぇ~」と合わせてくれましたが、お金に余裕のある人はリボ払いにしませんよね……。

広告- - - - - - - - - -

 



【親を反面教師に】一旦嘘をつくと、嘘を重ねることになる

SainSmart Jr. 木製 ABCブロック 40ピース 積み上げブロック 赤ちゃんのアルファベット文字 数え 組み立てブロックセット メッシュバッグ付き 幼児用

私は父に似て、「嘘をつくこと」それ自体が居心地悪い、と感じるタイプなので、母のようにはならずに済みましたが……。

母は、最初についた「小さな嘘」、それを保つために「さらなる嘘」を重ねなければいけないということに気づいていませんでした。

また、(人を傷つけないための嘘は別として)嘘をついたことがバレると信用を失う、ということも全く理解できていませんでした。

見栄を張ったり、日常的に嘘をついてきたことが、周囲の人々や、家族をじわじわと失望させたことも、全く自覚がないでしょう。

「長期的な視点でものを考える」ということができなかったのだろうと思います。

劣等感は隠すのではなく、見つめて、(可能なら)受け止める

「見栄をはる」まではいかずとも、「すごいと思われたい」「自分の実績を知ってもらいたい」程度の気持ちは誰にでも多かれ少なかれあるような気がします。

自分をよく見せたい気持ちに気づいたら、立ち止まって「どうして私は焦っているのか?」と問いたいと思います。

きっと、劣等感に行き当たると思います。
劣等感は包み隠すのではなくて、見つめて、時間をかけて受け止めたいと思います(苦しいですが)。

ほかの記事

機能不全家族体験談 一覧>>>私はいかにしてアダルトチルドレンになっていったのか 【体験談】

広告- - - - - - - - - -