ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

手ぬぐいでブックカバー |新書サイズにいいかも

本の感想を綴っているこのブログですが、たまには読書関連事項を書くのもいいかなと思い、今日はブックカバーの話です。

ジュンク堂で手ぬぐいを頂いた

ジュンク堂・MARUZENで買い物をするとレシート金額に応じて景品がもらえる「秋の読書キャンペーン」(※2018年は終了しました)なるもの。

こんなキャンペーンがあるとは全然知らなかったのですが、たまたまジュンク堂で本を買ったら、ピンク色のレシートが出現。

レシート用紙交換間近ですよ、のピンク色かと思いきや(かつて私がアルバイトしていたドラッグストアでは、レシート用紙が切れそうになると目印としてピンクの線が入った)、キャンペーン用レシートでした。

税込2000円ごとに手ぬぐいがもらえるとな!
その日は二冊購入したので、すでに2000円越え。
手ぬぐい利用者としては嬉しい(タオルより手ぬぐいの方が乾きがいいので、冬場はとくに重宝)。
ちなみに、五千円でブックケース、一万円で図書カード500円分がもらえるそうです。


レシート発行期間と交換期間は分かれているので、後日交換。

交換期間最終日だったので、在庫切れの柄もありました(コスモス柄)。
私はフクロウのついた、縞柄を選択。

f:id:shishi-book:20181205133037j:plain

ジュンク堂でいただいた手ぬぐい


広げてみると、フクロウが現れます。

f:id:shishi-book:20181205133823j:plain

フクロウ柄



この手ぬぐいのパッケージの中に、文庫本カバーの折り方が書かれた紙も同封されていました。

f:id:shishi-book:20181205133739j:plain

文庫本カバーの折り方



やってみよう

ブックカバーは持っているのですが、意外と持ち歩かない私。
出先で、本を購入し、「あっ、カバーない」というときにも手ぬぐいで包めたら便利かも(ハンカチ代わりに手ぬぐい一枚は常備してある)。

書店でカバーをつけてもらえばいいのですけど、なんかモッタイナイ(すぐたまるし)ので、つい断ってしまいます(でも、旅行先とか、初めて行った本屋さんとかでは、どんなカバーか知りたくてあえてカバーをかけてもらいますが)。

というわけで、手ぬぐいでブックカバー、やってみました。

f:id:shishi-book:20181205135037j:plain

片方の端を10センチくらい折る

f:id:shishi-book:20181205135124j:plain

反対側の端を二つ折りに(1センチくらい内側)

f:id:shishi-book:20181205135249j:plain

本を挟んで二つ折りに

f:id:shishi-book:20181205135345j:plain

余ったところを外側に折り返す

f:id:shishi-book:20181205135411j:plain

逆側もまたしかり

f:id:shishi-book:20181205135848j:plain

一旦開いてから、向きを縦に(反時計回りに90度回転)。余分なところを内側に折る

f:id:shishi-book:20181205135955j:plain

余分なところを折った

f:id:shishi-book:20181205140105j:plain

下側の耳を上側に入れ込む

f:id:shishi-book:20181205140144j:plain

できた袋部分に表紙を差し込む

f:id:shishi-book:20181205140212j:plain

完成



手ぬぐいブックカバーの感想

まず率直に。
意外とかさばりますね…。
布が重なるところは、それなりに厚みが出ます。

手ぬぐいにノリがついた状態なので、洗ったり、しばらく使用したらある程度は落ち着くのだろうと思いますが。

よいところ

手ぬぐいブックカバーの強みは、高さを変えられること。

私は本の上側にふせんを貼ることもあるのですが、飛び出たふせんはどうしてもベロベロになってしまう(※のりが残ることがあるので図書館の本にはふせんNGです)。

この手ぬぐい方式なら、カバーの高さも自由に設定できますので、高めにしておけば、ふせん部分もある程度はガードできそうです。

あと、新書にも対応できる!

私が持っているのは文庫本用のブックカバーなので、新書など、ちょっと背が高めの本のときは使えず、適当な包装紙なんかを巻いたりしていました。

これから新書を読むときは手ぬぐいカバーでいこう(まぁ、書店でカバーかけてもらえば済む話ではあるのですが…)。

ちなみに、厚い単行本のカバーとしてはどうだろう、と試みたのですが、こちらは布が足らず、断念。

 

おわりに

来年もキャンペーンはあるのだろうか。
手ぬぐいはどんな柄になるのだろうか。

と、今から少し楽しみにしております。