ししもとの読書ノート

生きづらさの軽減をめざして

続けられないのは潜在意識が現状維持を望むから |感想『自分を変える習慣力』三浦将

はじめに

飽きっぽい自分がイヤ

「よし、明日から○○しよう!」
「今年こそは毎日○○しよう!」
こういう決意表明だけは得意なのですが……。

いかんせん、なかなか続けられない! 

むしろ、続けようと思っていないことの方が続いてしまいます。おやつを食べすぎるとか、ダラダラとネットをするとか……。

薄っぺらい向上心にそそのかされて、「続ける」ことに関する本も何冊か読んではきたのですが……。

その度に「おお、今度こそ続けられそうな気がする!」と良い気分になり、紹介されているコツを試してみたりもするのですが……。

気づけばいつのまにかやめてしまっている。


そんな私は懲りずにまた関連の本を読みました。
今度こそ、続けられる人間になりたい。


三浦将『自分を変える習慣力』(クロスメディア・パブリッシング・2015)

 

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

自分を変える習慣力 (Business Life 1)

 

  

 

続けられない理由:潜在意識のしわざ

物事の習熟には段階があって、

知らない→知ってる→できる→やってる

というものなのですが、これを習慣化の段階に置き換えると

無意識(知らない)→意識(知ってる、できる)→無意識(やってる)

となります。

意識(知ってる、できる)の段階から無意識(やってる)の段階に到達することが大事なのですが、この移行が曲者なのですよね。

習慣化に向かう段階の中で、特に「知っている」から「できる」という段階で起こってくるのが違和感。慣れていないものをやろうとするから、この違和感が起こるのです。

引用元:三浦将『自分を変える習慣力』クロスメディア・パブリッシング(2015)p.29


まさにこれ。違和感。

私の場合、違和感は「めんどくさいなー」であることが多いです。
一旦めんどくさいと思ってしまうと、脳が勝手にやめる理由を探し出してくるんですよね。

私がしばしば陥るのは、

「これ、続けて何になる?」
「続けたからって良い結果が得られるとは限らないよね」
「ただやってるだけじゃ意味ない。もっと質を上げないと。そのためには今日は休んで明日から本気出そう」

などなど。


どうしてこんな違和感が生じるのかというと、潜在意識に支配されているから。
潜在意識が、第一優先にしているのが「安心安全」。

安心安全のために、潜在意識は基本、現状維持を続けるために働きます。常に現状維持をしたい潜在意識にとって、現状を変えようとすることは、何らかの危険をはらんでいるため、潜在意識がこれに抵抗します。

引用元:三浦将『自分を変える習慣力』クロスメディア・パブリッシング(2015)p.44


昔は生きること自体が大変で、それこそ「安心安全」が第一だったでしょうから、その名残というか、そもそもの人間の本質なのでしょうね。

だとすると、意志が弱いことも仕方ないのかもしれませんね。

f:id:shishi-book:20181105225349j:plain


どうしたら続けられる?

まずは成果を気にせず、習慣を定着させること、それ自体が大事なのだそうです。

頑張って、苦痛の中で意志の力を使い過ぎると、継続することができなくなるのです。

引用元:三浦将『自分を変える習慣力』クロスメディア・パブリッシング(2015)p.55


自分の経験を振り返ってみると、まさに頑張るモードに陥っていました。

しかも、開始後たった数日で「成果」をやたら気にしていました。

「お、実力が上がっているぞ」という感覚が得られないと「このまま続けても意味ないかも」「やるだけ時間のムダかも」と早々に思い始め、いつのまにかやめてしまっている。

だからこそ、最初は成果を気にせず、とにかく定着させることだけを考えていくのですね。


おわりに

とにかく定着させるといっても…できるか自信ない。
なんたって、幾度となく失敗してきているし。

ご安心ください、本書では定着化するために有効なコツもしっかり書かれています。

チラッと書いておくと、まずは一つの習慣を定着させることに集中する、とか、習慣化したい行動に快の感情を結び付ける、とか。

また、本当に自分のしたいこと、目的にかなったこと、でなければ、やはり続きません。なので、本当にしたいことを確認する必要もあります。

Chapter5でその具体的な確認方法が紹介されています。
書き込み方式になっていますので、偽りなき本心を確認してみてください。


この本を読んだのを機に、私も習慣化を始めました。
得意の「めんどくさいなー」や「これ、やっても意味ないんじゃ……」が顔を出したら「とりあえず定着!」「10分でも良いのだから!」と唱え、それ以上ネガティブに考えるのはやめ、やることをただやる。


実践してみて思ったこと(追記)

今まで読んできた本の中で、習慣化に関してはかなり効果のある本なんじゃないか、と思います。

とにかくまずは定着させる、というやり方はシンプルですが、シンプルな分、有効でした。

ただ、本質的には、「本心からやりたいこと、目指したいもの、でないと厳しい」ということも実感しました。

「やらなきゃいけないから」とやっていることは、いくら習慣化しても、多少なりともは意思の力が必要になる気がします。

だからこそ、Chapter 5で扱っているように「本当にしたいこと」を確認することは本当に大事だな、と思ったのでした。

とりあえず習慣化にトライしてみて、できたこと(残ったこと)が「本当にやりたいこと」だと捉えるというのもアリかもしれません。

そう考えると、「続けよう、続けよう」と肩に力を入れなくてもいいのかもしれませんね。

自分を変える習慣力 | 株式会社クロスメディア・パブリッシング



――――――――――

 続けることに関する他の記事。