足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

私はいかにしてアダルトチルドレンになっていったか(実体験)

【毒母体験記】母の悪意が自分のなかでうごめいていることに気づいて戦慄した記憶

真似したくなくても、親の悪癖をコピーしてしまっていたと気づいたできごと。

【機能不全家族】汚部屋がつらい - つかんだのは夢じゃなくてゴキブリだった

私にとっては 「汚部屋=母に汚染された私の象徴」 でした。

【毒母体験記】「うちの子は主役がやりたいんです」とすぐ幼稚園に乗り込んで行ってしまう

母は、「こんなに出来る娘を育てた自分(母)は偉い」という謎の理論で、娘を使って己の劣等感を癒そうとしました。しかしそのやり方は誰一人幸せになりません。

【毒母のトラブル招来体質】 壊滅的に家事ができない

最近の概念でいえばADHDの疑いがある母。ですが、一昔前にそのような概念は一般家庭にはなく、トラブルの一因でした。

【毒母体験記】母にとって都合のいい人以外「全員敵」

自分にとって都合のいい人以外は「全員敵」だと、時間の経過とともに世の中のほぼ全員が「敵」になっていきます。

【毒母体験記】同居している祖父母と接触禁止

同じ屋根の下で暮らす祖父母とろくに会話もできない環境でした。不機嫌で人をコントロールすることは恐ろしいことです。

【機能不全家族】夫婦喧嘩の後の「お父さんとお母さんどっちについていくのっ!!」がつらかった

夫婦喧嘩の後、母から試し行為をされるのがとてもつらかった。相手の言ってほしいことを予測して即答するクセがついてしまったという話。

【毒母体験記】自分の身は自分で守るしかないと決意したきっかけ

ひどく体調を壊したとき、明らかに母が引いていたため、体調を崩す可能性のあるものを徹底的に避けるようになってしまいました。

【毒母のトラブル招来体質】劣等感が強すぎて謝ることができない

自分のミスを謝れない人は劣等感が強い&信頼を失う&トラブルを招く

【毒母体験記】親の機嫌を損ねるので、体調不良はすさまじい絶望だった

子どもの頃の切なる願いは「お腹が痛くなりませんように」でした。

【毒母体験記】ひらがなをひたすら書き続けることの虚しさ(教育虐待というほどではないのかもしれないけれど……)

子どものうちから「嫌なこと」を無理やりし続けていると、やりたいことに充てる気力すら失ってしまう。

【毒母体験記】4才で「理不尽」の意味を痛感した話 - 「みんなのうた」で因縁をつけられる

幼稚園で習った、手洗いの歌を歌っていたら、母に因縁をつけられた話です。

【毒母体験記】母の機嫌を損ねると「あんたを置いて出ていくんだからね」

母は私を「言うこと聞かなければ云々」という脅しを使って、コントロールしました。のちの絶縁の理由の一つです。

【毒母体験記】 「あれもダメこれもダメ」で生きる力を奪ってくる

「あれもダメこれもダメ」により、私は「意志を持つことはムダ」と思うようになりました。

【機能不全家族体験記】 夫婦間で意見の統一ができていないと、子は「生きながら同時に死ぬ」ことになる

両親の価値感があまりにも違いすぎること、そしてお互いが歩み寄る気がないこと。両親のもとに生きているだけで怒られることが決定していました。

【毒母のトラブル招来体質】見栄のため嘘をつき、それを守るために嘘を塗り重ねていく

「自分をよく見せるための嘘はどんどんつけ!」という母のことが理解できませんでした。

【機能不全家族体験記】たとえしつけでも、叩かれた記憶はいまも心に影を落としている

たとえしつけであれ、子どもを叩いても良いことは一つもない、と叩かれた側の私は思う。

【機能不全家族体験記】人生で最初の記憶 - 自分の体調不良よりも親の機嫌を優先@3才

人生で最初の記憶は、「親に体調不良を言えなかったこと」。

【もくじ】私はいかにしてアダルトチルドレンになっていったのか 【体験談】

「親と決別する以外、もう選択肢がない」という方のために、「私はどういう経緯で絶縁に至ったか」という実体験のもくじ(記事一覧)です。