足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

私はいかにしてアダルトチルドレンになっていったか(実体験)

【体験記】成績が悪いことが恥ずかしくて死にそうな浪人生活【母と絶縁するまでのこと】

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。 自分の実力から目を逸らしまくって大学受験全敗したものの、…

【体験記】自分の実力から目を逸らしまくって大学受験全敗【母と絶縁するまでのこと】

勉強したいのにできない、という状態を放置した結果、大学受験はほぼ全敗。自分の本心に向き合うべきでした。

【体験記】勉強を手放したいのに、勉強に執着して「イップス」的な状態に【母と絶縁するまでのこと】

私に必要だったのは「ほんとうはもう、勉強したくない」という本音に向き合うことでした。

【体験談】「今妊娠したらあんたの人生終わるんだからね」という脅し【母と絶縁するまでのこと】

高校生くらいになると「今妊娠したらあんたの人生終わるんだからね」と脅してくるようになった母。常に監視され、疑われることはつらかった。

【体験記】「襲われたら舌を噛んで死ね」が刷り込まれて恋愛自体に罪悪感【母と絶縁するまでのこと】

子どもの頃から「男を見たら襲われると思え」的に聞かされたため、恋愛をすること自体がすごく悪いことのように思えてしまいました。

【体験談】女性らしい格好やふるまいをすることに罪悪感がありボーイッシュな格好をしていたけれど【母と絶縁するまでのこと】

母の「他人を引きずり下ろしたい」という願望に、自ら沿ってしまっていました。

【体験記】不仲な両親の連絡役で貧乏くじ【母と絶縁するまでのこと】

両親不仲で考え方が違いすぎることによる弊害。高校生になってもなお、苦しみました。

【体験記】父の愚痴も母の愚痴も、子である私に突き刺さる【母と絶縁するまでのこと】

親から互いの悪口を聞かされるととても傷つくのは、どちらとも血がつながってしまっている自分を否定することでもあるから。

【体験記】息がしやすい環境を選ぶことはとても大事【母と絶縁するまでのこと】

自分の長所と思われるところを「長所」として扱ってくれる場所(あるいは、自分では短所だと思っているところが、実はありがたがられる環境)を選ぶことは、本当に大切なことだと実感した話。

【体験記】進学校とわかる特徴的な制服は母の大のお気に入り【母と絶縁するまでのこと】

「うちの娘は〇〇高校よ」なんてわざわざ言わなくても、学校名がわかる特徴的な制服は、母の大のお気に入りでした。

【体験談】同級生や塾の先生に侮辱の言葉を発する母に引いてしまった【母と絶縁するまでのこと】

母からすれば「娘のため」のつもりだったのでしょうが、同級生や塾の先生に侮辱的な言葉を発するのが嫌でたまらなかったという話

【体験談(反省含む)】自己肯定感の低さから目を逸らして周囲の人を傷つけてしまっていた【母と絶縁するまでのこと】

自分の存在価値が危うくなり、その結果周囲の人を傷つけてしまっていました。

【体験談】「1位」じゃない私には存在価値がない。誰かに殺されるわけでもないのに、命の危機を感じてしまう【母と絶縁するまでのこと】

高校受験を控えた中学3年の2学期は生きた心地がしなかった。

【体験記】テスト前に不安そうにしていると母がカンニングをさせようとしてくるのがつらい【母と絶縁するまでのこと】

過去の痛みを成仏させるため、自分の育った家庭を改めて客観視する作業をしています。(関連記事一覧はこちら>>>【もくじ】いかにして私はアダルトチルドレンになっていったのか【体験談】)。本記事は、模試や資格試験の前に不安になっていると、母がカ…

【体験記】店員さんにクレームをつけて得しようとする母を恥ずかしく思う【母と絶縁するまでのこと】

怒りをかうので言えなかったけれど、イヤなものは「嫌」「やめてほしい」と伝えるべきだったかもしれない。

【体験談】母が父に嫌がらせをしているのを見るのがつらい - 郵便物は捨てるし無言電話をかけまくる【母と絶縁するまでのこと】

母が執拗に父に嫌がらせをしているのが辛かった話。 そんなに嫌なら離婚すればよいのに、離婚はプライドが許さない母なのでした。

【体験談】両親の不仲がつらい② - 母が描いた藁人形的な落書きにゾッとした【母と絶縁するまでのこと】

何か不幸が降りかかったとして、それ自体はコントロールできないけれども、どういう態度をとるかは自分で選べるのだということを忘れないようにしたいと思います。

【体験談】「あなたは良いんだけど、お母さんがね……」と先生に言われたのはショックだった【母と絶縁するまでのこと】

「あなたは良いんだけど、お母さんがね」という言葉には、そのままの意味とそれ以上の意味を含んでいました。正しいことではありましたが、中学生当時の私にはとてもショックでした。

【体験記】クラス替えの結果に文句をつけられる&「先生の機嫌とってこい」【母と絶縁するまでのこと】

クラス替えで「1組」や、学年主任の先生のクラスにならないと母の機嫌が悪かった話です。

【体験記】よい成績をとりたすぎて体調が悪いのにプールに入ってしまった話【母と絶縁するまでのこと】

母の機嫌をとるべく、体育でも良い成績がとりたかった私は、休むべきときにプールに入ってしまい、恥をかいた(&迷惑もかけた)話です。

【体験記】女性として成長することに罪悪感があり「ムダ毛ケア用品を買って」と言えなかった【母と絶縁するまでのこと】

「娘が女性として成長していくのを喜んでいない」ということ、母は口には出しませんでしたが、私は確実に感じ取っていました。

【体験記】通知表のコメントで翌年の過ごし方が拘束される【母と絶縁するまでのこと】

通知表の先生からのコメントを過剰に気にする母にうんざり。しかしスルーできず、ますます自分を追い込んでしまいました。

【体験記】たとえ92点でも「なんであんな大したことない子に負けるのよ」と夜中まで責められる【母と絶縁するまでのこと】

くだらないマウントをとるような人間の言いなりになってしまったことはとても愚かなことだった、と反省しています。

【体験記】内申点の呪い - 「いい子」でいることは想像以上に苦しい【母と絶縁するまでのこと】

「内申点」を気にして、「いい子」でいつづけねばならなかった中学校時代、とてもきつかった。

【体験談】小学校の卒業式で一人ずつ「親への感謝」を言わされるときの煩悶【母と絶縁するまでのこと】

小学校の卒業式で言わされた「親への感謝」。どうしても言いたくないのは反抗心と思っていたけど、もう母のことが嫌いだったのだと今になって思う。

【体験記】天然パーマでますます「私はキモイ」と思うようになる【母と絶縁するまでのこと】

たかが天然パーマですが、「私は汚い」という自己評価を持っていた私にとっては、「ますますキモくなってしまう」という恐怖感との闘いでした。

【体験記】「母の好きなもの=娘の好きなもの」という決めつけが辛い【母と絶縁するまでのこと】

「ずれている人」の意見を参考にしていると、結果的に自分自身が「ずれている人」と見なされてしまう

【機能不全家族】受ける予定もないのに中学受験用の塾に行くのが辛くて辛くて仕方なかった〘体験記〙

学歴コンプレックスの強かった母に、中学受験用の塾に通わされたものの、だたひたすら自信を失っただけでした。

【機能不全家族】「ブサイクになるから」とメガネをかけさせてもらえない〘体験談〙

毒親エピソードでよくある「下着を買ってもらえない」件。 私の場合は「メガネ」でした。

【機能不全家族】何かに夢中になることは許されない 〘体験談〙

小学生の頃、とても楽しみだった『りぼん』を禁止された話。楽しみを取り上げても何もいいことはない。