足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

後悔していること

「その時代の支配的な考え」を真に受けない|感想『馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください。』

子どもの頃に大人に言われていた「こうあるべき」をそのまま信じることがいかに危ういことであったか、中年になって改めて実感中。