足かせは外すことにした

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

人間関係-味方がほしい

心を許せる友人ができないのはなぜかと悩んできたけれど、自分が自分に隠し事をしていたからだと思う

劣等感を必死に隠すことで人に気に入られようとして、逆に人を遠ざけていたのだ、と今となってはわかります。

居場所がないと感じるとき 自分にも他人にも評価を下していないか?

水島広子『「自分の居場所がない」と感じたときに読む本』かんき出版(2016)Kindle版 の感想です。

共感しあえる友達が欲しいなら → 時間がかかってもいいので自己肯定感を上げていく

結局、良好な人間関係には自己肯定感の高さが関わっている、ということに行き当たりました。

友達付き合いがつらい ➤「ご機嫌とり」してない?|『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったときに読む本』

私が主に築いてきたのは、友達関係ではなく、上下関係だったことに気づかされました。

「味方がいない」と思うときは自分を尊重していない |感想『なぜか「まわりは敵だらけ⁉」と思ったら読む本』

「敵ばかり」とか「味方がいない」と思ってしまう理由や、そう思ってしまう人がどう対処していったらいいか、ということを解説した本。