ししもとの読書ノート

自分らしく生きるために知識をつける

人間関係

人間関係がうっとうしかったのは過干渉母の「記憶」に反応していたからと気づいた

他人の目が気になってしょうがない場合、「特定の人間」が影響していることがあります。

上から目線が気になるのは、こちらにも「自分を認めさせようという欲」があるからだと気づいた

「上から目線に反応する」ということは、結果的に「いやいや、自分のほうがマシ(上)」を相手に投げ返してしまっていたということ

低評価で留まり続けるように働きかけてくる「スポイリング」に注意! 著しくやる気を削がれるので真に受けない

感想②『すぐ感情的になる人から傷つけられない本――身に迫る『困った感情』の毒から自分を守る』

「怒り」は「恐怖」に対する「防御反応」。怒りにどんな恐怖が隠れているのかを考えてみる

長住哲雄『すぐ感情的になる人から傷つけられない本――身に迫る「困った感情」の毒から自分を守る』こう書房(2016)Kindle版の感想です。

傷つくことを減らすには? 「他者は勝手に判断してくるもの」という構えを持つ

傷つきやすい人はどのようにして、他者とつながりを築いていけばいいのか。『愛の本 他者との〈つながり〉を持て余すあなたへ』感想②

居場所がないと感じるとき 自分にも他人にも評価を下していないか?

水島広子『「自分の居場所がない」と感じたときに読む本』かんき出版(2016)Kindle版 の感想です。

毒親を抱えていると介護はますますカオスになるという具体例(漫画)

堀田あきお&かよ 『親の介護、はじまりました。(上・下)』 『親の介護、10年目日記』の感想

絶縁した毒親の介護、どうする? 平穏を保てないのならば、距離を取り続けるしかない

『きらいな母を看取れますか? 関係がわるい母娘の最終章』寺田和代 主婦の友社(2020)Kindle版 の感想です。

友達付き合いがつらい ➤「ご機嫌とり」してない?|『「本当の友達がいなくてさびしい」と思ったときに読む本』

私が主に築いてきたのは、友達関係ではなく、上下関係だったことに気づかされました。

解決できない悩みをクヨクヨ考えることは1トンの石を手で動かそうとするようなもの|感想『人生うまくいく人の感情リセット術』

いまだに変えられないものを変えようとしていることに気づきました。

「私このままで大丈夫?」と思っているから振り回される |感想『マンガでわかる「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法』

他人の感情や思考は、ミラーニューロンを介して想像以上に伝わってきています。それに邪魔されて、本来の自分でいられなくなってしまうと振り回されがちに。

自分の利益のために他人を使うサイコパスからは逃げるが勝ち |感想『まんがでわかる隣のサイコパス』

すでに関連の本を何冊も読んでいる人には退屈かもしれませんが、「サイコパスって何ぞや?」という人にはぴったりの一冊かと。

自分の考えを押し付けてくる人は、正しさの形を借りて「うっぷん」を晴らそうとしている |感想『正しさをゴリ押しする人』

正しさをゴリ押しする人の特徴の一つは「ものごとを多面的に見ることができない」。ありていに言ってしまえば、「相手の言うことを理解できない」ということ。

うまく距離をとれないのは「~しなければならない」に支配されているから|感想『離れたくても離れられない人との距離の取り方』

違和感を感じているのに、相手に近づいていく。 それこそが、トラブルに発展するもと。

戦わずして相手の攻撃欲求を萎えさせるには |感想『離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本』

攻撃されやすい、ということは、相手にとって「弱い」あるいは「有害」とみなされている、ということ。攻撃されにくい状態にするためには?

年長者からの「上から目線」は「山の上の様子」 |感想『「上から目線」の構造』

「上から目線」を発動してしまう人も、「上から目線」の餌食になってしまう人も、劣等感が絡んでいる、というのは定説のようです。

最終手段は「あなたを嫌いになりたくない」 |感想『賢く「言い返す」技術』

言い返すとか抵抗するって、よくないことのように感じたりもしますが、自分を守るためにはとても大切なことです。

無抵抗でいると評価を落とされる |感想『やられっぱなしで終わらせない! ことばのゲリラ反撃術』

何か嫌なことを言われたとき、ただ耐えるよりも、ひと言だけ言い返す、というのが心理学的にはもっともストレスが少ない。 どのようにして「ちょっとの反撃」をするか、について書かれた本です。

自分に対して「いいね」と思うために自分を大切にする |感想『自分に「いいね!」ができるようになる本』

どうすれば自分に対して「いいね」と思えるか、嫌なことがあっても大丈夫と思えるか、ということを考える本です。

モラハラの被害者にならないために加害者にとっての「めんどくさい奴」になるべし |感想『平気で他人を傷つける人』

モラハラをしてしまう人の精神構造や、モラハラ被害者の特徴、モラハラにどう対処したらいいか、などを精神科のお医者さんが解説した本です。

「味方がいない」と思うときは自分を尊重していない |感想『なぜか「まわりは敵だらけ⁉」と思ったら読む本』

「敵ばかり」とか「味方がいない」と思ってしまう理由や、そう思ってしまう人がどう対処していったらいいか、ということを解説した本。

親は選べないが、自分の未来は選べる |感想『親を殺したくなったら読む本』

親を疎ましく思うことは決して珍しいことではありません。親子関係のみならず、引きこもりや不登校など、家族全体の問題についても解説された本です。

相手の異常さを受け入れ身をゆだねる |感想『身近にいる「やっかいな人」から身を守る方法』

本書でいう「やっかいな」とは「理不尽な言動」のこと。どうしてそのような理不尽な言動が出てしまうのかを解説し、相手のパターンごとに対処法を紹介している本です。

罪悪感の大元には「愛されたい」が潜む |感想『大丈夫、あのブッダも家族に悩んだ』

家族をめぐる複雑な悩みに答えを出すには……。仏教心理学の観点から親子関係を解説し、解決策を導く助けとなる本です。

親子関係がこじれるのは、同じ悪しき言動パターンを身につけているから |感想『「苦しい親子関係」から抜け出す方法』

親も子も互いに「相手が悪い」と思っていることが、確執の原因。親のほうから変わってもらうのは現実的には難しい。では解決策は?

劣っていることを悟られたくないから先に攻撃を仕掛けている |感想『「とにかく優位に立ちたい人」を軽くかわすコツ』

ことあるごとに「優位に立とうとする人」とは、戦わずに、自分の気持ちを毅然と伝えることが大事。

他者はそれほど注目していない |感想『「気にしい」のもやもやが消える方法』

「気にしい」の本質を理解し、心の持ち方や対処法を身につけるための本。

うまくいっている人間関係のなかに、いつのまにか愛が生まれる|感想『男と女のアドラー心理学』

相手が自分のことを好きかどうかとか、愛してくれそうかとか、そんなことを気にするよりも、まずは相手と良い人間関係を築くのが先。

あの人を嫌いなあたしも間違ってないって、思ってもいいよね |感想『どうしても嫌いな人』

誰のことも嫌ってはいけないと思い込んでいました。でも、どうしても嫌いな人のことは、どうしても嫌いなんです。誰かを嫌いだと思ってもいいのです。

子どもがほしくない理由を改めて考えてみた |感想『わたしが子どもをもたない理由』

私は子どもが欲しいという気持ちのない人間です。そのことは、自分の中では折り合いがついていますが、大切な人に説明し、理解してもらうのは、いまだに難しい。そこで、自分の考えを整理し直すために本書を読みました。