ししもとの読書ノート

自分らしく生きるために知識をつける

人生-エッセイ

元気を出したいときに読む本 |感想『運命なんか全部変えられるねん!』

壮絶な人生を乗り越えてきた著者が、その経験をもとに考えたことや感じたことが書かれている本です。

誰かに出逢うことは、生きることの意味の一つかもしれない |感想『きみは赤ちゃん』

私自身は子どもをもたないつもりの人間ですが、子どもを産んだ人が書いた本も読んでみました。自分にはあまり関係なかろうと気楽に読んでいたら、けっこう深かった…。

思い込みの危うさに気づかせてくれた一冊 |感想『飛びはねる思考』

重度自閉症者の東田さんの著書。真摯な言葉たちが沁みこんできます。言葉を発せない=思考を持たない、と思い込んでいた自分の危うさを反省させられました。

本当の自分と向き合っている人 |感想『Lily -日々のカケラ-』

石田ゆり子さんのエッセイ本の感想。自分にきちんと向き合っているからこそ、あの美しさや雰囲気を保てているのだなぁ、と思ったのでした。

自分にできることだけをやってきた |感想『ヨシダナギの拾われる力』

アフリカ少数民族の写真でおなじみ、ヨシダナギさんのエッセイの感想。ただ運がいいのではなくて、必要な努力を見極めて、それに関しては本気で努力している人だとわかりました。