AC回復のきろく

親の呪いを解いて自分の人生を生きる

ブログ整備中につき、一時的に非表示にしている記事がございます。少しずつ再更新してまいりますので、またご訪問いただけますと幸いです

【AC回顧録】親にかけられた呪いで人生迷走

【体験談】「どうしても子どもを持つのは無理だ」と思った日のこと

知人の子供に猛烈な怒りを覚えてしまい、「私、産んだらやる人だ」と認識しました。

【体験談】こんなに働いているのに……ジュース1本で10分悩むほどの切り詰め方【親の呪い】

この経験によって、「お金を貸すと死ぬほどきつい」ということは身をもって体験したので、今後誰かに頼まれたとしても毅然と断れる自信はできました。

〈AC回顧録・20代後半〉父にお金を貸すのがつらい(月15~25万)

自分が使うお金はほとんどないのに、親のために死ぬ思いをして働いている。 これがもう、やるせなくてやるせなくて。

【体験談】不潔・疾病恐怖でトイレに行けず常に膀胱炎【親の呪いが人生を蝕む】

病気を避けることの大元には「体調を崩したら親に見捨てられる」という恐怖感があったと思います。

【体験記】常に責められているように感じてしまい人と接するのが億劫に【親の呪いが人生を蝕む】

食事が摂れないことや、休日ひきこもっていることなどを指摘されるのが苦痛で一人になりたくてなりたくて、仕方がありませんでした。

【体験談】メンタルヘルス系の面談で余計に追い詰められる【親の呪いが人生を蝕む】

会社に派遣されてきたカウンセラーさんと話が合わず、ますます「誰もわかってくれない」を深めてしまいました。

【体験談】食べられないことを人前で責められて会食恐怖が悪化【親の呪いが人生を蝕む】

恐怖症で食事がのどを通らなくなり。そのことを強く指摘されてますます悪化してしまいました。

〈AC回顧録・20代後半〉床につくと猛烈に怒りがわいて眠れない

頑張っているはずなのにうまくいかないとき、それはそもそもの方向ややり方が間違っているのかもしれません。

【気づき】劣等感を持っていると劣等感のある人とどうしても接点が生じてしまう

嫌いな人を引き寄せないためには、自分のほうが変わらないといけないんだな、と(もちろん、すべてを避けられるわけでもないですが)過去を振り返っていて思うのでした。

〈AC回顧録・20代後半〉部下に花を持たせたつもりが「成果を横取りされた」と噂を流されてしまう

部下になめられて仕事の指示が通らないので、「よかれと思って」やったことが自分の首を絞めました。

〈AC回顧録・20代後半〉部下にもなめられてなかなか指示が通らない

人目を気にしてヘコヘコしたり自虐していたので、部下にもなめられてしまい、なかなか仕事の指示が通らず苦労しました。

〈AC回顧録・20代後半〉「代わりに〇〇やっといて」と同僚にも利用される

親にしていたご機嫌取りを外でもやってしまい、結果的に自分の首をしめました